タグ:保存食 ( 35 ) タグの人気記事

梅紫蘇サワー と 夏のベーグル◎

f0012059_1223159.jpg

梅雨が早々に明けてしまったあとは おひさまが毎日頑張ってくれて、ちょっとは休憩してよ、と言いたいくらいです。

今年は 赤紫蘇が豊作で 梅干に使ったあともまだたくさんあったので、初めて紫蘇ジュースを作りました。
検索すると クエン酸を使ったり、蜂蜜で甘みをつけたり、とレシピもいろいろでしたが、私は家にあるもので、と思い 酢 と きび砂糖で。

汗をかいたら、紫蘇ジュース+梅サワーを氷水で割った梅紫蘇サワーで元気回復です ^^

去年までは 熊さんがエアコンでキンキンに冷やすので寒いくらいでした。
でも、今年はまだ うちではエアコンをまだ一度もつけていません。
寝室は2階で、結構暑いのですが、網戸にして扇風機をかけて 寝るときに「どうする?エアコン」「それほどでもないかな」 アイスノン枕で今のところ 大丈夫。
あんなに暑がりだった熊さんがなんで?お酒を飲まなくなったせいもあるかもしれません。
いつまで続くかな?ええ、ムリはしません、熱中症で救急車呼ぶ羽目になったりしたら大変ですから ^^;

f0012059_12224660.jpg
*今日のお弁当

ベーグル(ライフレーク・カレンズ・くるみ入り)  牛乳
ゆで卵 ウインナー 茹でオクラ 胡瓜と大根のピクルス ミニトマト

ぶさいくですが ライ麦やいろいろ入れて むっちり自分好み、◎ベーグルです ^^
ベーグルのこつは「発酵させないこと」だそう・・
夏のパン作りは 気温が高くて気が付くと過発酵・・なんてこともよくありますが、これは 朝捏ねた生地は 冷蔵庫の野菜室へ。で、それをそのまま夜 成形して焼いています。
一個の生地が約80㌘、15分で焼けるので 台所もそんなに暑くならずに出来上がり。
食パンだと35分かかるので エアコンなしでは焼けないかも。。。
[PR]
by ira1027 | 2011-07-15 13:29 | 保存食 | Trackback | Comments(12)

梅仕事いよいよ & 初らっきょう♪

f0012059_12304977.jpg
梅仕事の季節になりました。
6月の声を聞くと 南高梅のジャムや梅サワーがすごく美味しく感じられます。
ヨーグルトのお伴は 柑橘類のマーマレードから梅ジャムに。
汗をかいたら梅サワー。
・・といっても、今年はまだ仕込んでいないので 去年のを一瓶ずつとっておいて1年経ってじゃーーんと開けるようにしています。
去年は春に体調を崩して、回復したのがちょうど今頃で、しまいものの梅で7月にやっと作ったのでした。

梅干しは我が家では漬けるのはおばあちゃんのテリトリー。
私の任務は梅の実の確保です。
畑の梅、一昨年剪定したため、去年は殆ど生っていませんでしたが、今年はけっこうたくさん実をつけているので、何キロかは取れそうです。
まだ青いので 収穫は来週ぐらい。
またおサルのように木に登って収穫頑張ります。

f0012059_1248458.jpg
まだまだ南高梅は安くならんやろな~、なんておばあちゃんと話しながらスーパーに行ったら
犬も歩けば棒に当たる!・・で
なんと1キロ398円の素敵な南高梅を発見!
おひとり様3㌔まで なので おばあちゃんにも頼んで 梅干用にMを5㌔、ジャム用にLを1㌔購入。
今 追熟中です。台所じゅう桃みたいないい香りがします♪
f0012059_12531874.jpg
数年前まで 嫌いな食べ物は? と聞かれると 「特に何もない・・強いて言えばらっきょうです」と答えていました。が、突如その美味しさに目覚めた私。これでもう嫌いなものはなくなりました(笑
食べ出すと 国産の漬けたらっきょうって結構なお値段するので、自分で漬けようと思い、産直で泥付きのを2キロ購入。
いろんな漬け方があるようですが、私は 愛用している石原洋子さんの、季節の保存食のレシピで 下処理のあと 一晩塩漬けしてから 水気を拭いて瓶に詰め、甘酢に漬けました。
一ヶ月後から食べられるそうで、楽しみです。

f0012059_1327859.jpgご近所で貰った この子、今とても綺麗に花をつけたのですが 名前がわかりません。
下さった方に聞いても「さあ~~~?」と。
どなたか ご存じないでしょうか?



<追記:6月14日>
エゾミソハギ と思われます(たぶん・・)
こちらこちらに写真等載っています。
[PR]
by ira1027 | 2011-06-13 13:29 | 保存食 | Trackback | Comments(10)

ホントに使える本でした♪ 「もっと使える乾物の本」

f0012059_13242294.jpg今日から6月で衣替えというのに 冷たい雨が降って肌寒いです。
夏の事務服に毛糸のカーディガン、足元はストッキング+ハイソックス、というめっちゃちぐはぐな格好で仕事しています。

今日のお弁当

・カレーライス
・グリンピースの卵とじ
・切り干し大根と 椎茸、人参、油揚の煮物
・スナップえんどうの茹でたの

カレーライスは昨夜の残りです ^^;



****************************


本は なるべく まず図書館で借りる、どうしても手元に置きたいものだけ買う 、というのが 自分の中の決まりごと。
それでも手に入れてしまうと満足しては本棚の飾り・・なんてこともしばしば。
料理の本は 眺めて楽しむよりも 台所の定位置に置かれて何度も手に取られ 油じみや粉で汚れ・・ていうのが本として幸せな形だと思うんですが、久しぶりにそんな本にめぐり会いました。しかも掟破りの衝動買いで。

ヒジキや切干、干し椎茸など乾物は好きで普段からわりと食べるほうです。そんな私も この本を読んで「ええ?ホントに?」とビックリしたことがいっぱい。そして半信半疑でやってみて「ホントだ~」と感心することしきりでした。
たとえば・・干し椎茸は戻さなくてもOK、直接鍋へキッチンバサミでチョキチョキ。
買ったときにポキポキ軸を折って 昆布と一緒に醤油に漬けて椎茸醤油に、とか。
煮豆の甘みをドライフルーツで、とか。


f0012059_13244717.jpgこれは奥薗さんレシピの切り干し大根の甘酢漬け。
甘酢といっても砂糖やみりんは入っていなくて 切り干しの自然の甘みが甘味料、だそうです。
切り干しと酢と醤油、水を瓶に入れておくだけ。
そのまま食べるのももちろん美味しいけど、サラダ、お浸し、納豆なんかに混ぜてもいいです。

この本を読んで、乾物のストックを整理しました。
封のあいた複数のおぼろ昆布を発見、中身のみえるタッパーに移し替えてちょこちょこ使うと なんて使えるヤツなんでしょう、おぼろ昆布君!
なかでも これは奥薗さんのアイデアではないんですが、おぼろ昆布を生野菜にパラパラ振りかけると ドレッシングなしでも めっちゃ美味しい!
おぼろ君サラダ、 はまって毎食食べてます。(食べ過ぎ)

奥薗さん=「ズボラレシピ」という変な固定観念がありましたが、読んでみるとずぼらというよりすごく合理的で楽しい方だと思いました。マクロビとかはやるよりずいぶん前の1998年にこの本を出されていることにも驚きます。
カラーページや写真は一切ありませんが、乾物を使いこなすヒントやレシピが満載で、オススメの一冊です。
[PR]
by ira1027 | 2011-06-01 13:05 | | Trackback | Comments(10)

砂糖まぶし&冷凍の筍 炊いてみました

みなさま GWいかがお過ごしですか?

私は 29.30.1と休んで 2日は出勤、3.4.5とまた休んで 本日仕事です。

2日の夜から長男が帰省して5日の夜までいたので、この三連休は遠出はせずに熱烈歓迎!モードでした(笑
近くの山に山菜取りに出かけてワラビをGETしたり マーマレードを作ったり(また!)いただいた筍茹でたり。
合間に子供と買い物に出かけたりして の~んびりと過ごしました。 



f0012059_8514842.jpg
こんなに休むと曜日感覚はなくなるし 字を書いてもヨレヨレ、滑舌も悪くて 今日の仕事はちっとも捗らず・・
明日も出勤です、が、たぶん、はかどらないまま今週は終わりそう。
来週から頑張ります(諦め早いです)

今日のお弁当
・黒豆玄米ご飯
・卵焼
・筍煮物
・切り干しと蕨と油揚げの煮物
・スナップえんどうの茹でたの
・いかなごの釘煮

・・・なんちゅう地味な弁当だ・・(いまさらですが)

筍は先日砂糖まぶし&冷凍保存したのを炊いたもの。
母から教えて貰いやってみたものの ホンマかいな、と思ってたので試しに炊いてみたんです。(疑り深い私)
だしと醤油を加えて最後に鰹削りでかいた鰹をパラパラ。
結果は・・・バッチグー(古い・・)001.gif
冷凍って言わなければ誰も気づかない、これなら大丈夫です。

切干大根とわらびと油揚げの煮物には、千切りじゃなく 短冊に切った切干大根が合います。
この煮物が どうしても食べたくて わらびをJAの産直で一度だけ買いましたが、3日に山へ行き、採ってきました。
この辺では やっぱり山菜は買うものじゃなくて採るもの。
春のこの時期 我が家の食卓に欠かせない味です。
[PR]
by ira1027 | 2011-05-06 18:10 | お弁当 | Trackback | Comments(8)

やっと来た筍 & 夏みかんマーマレード♪

春になると毎年実家から「筍出たよ」という電話があるのですが
今年はなかなか かからず。
スーパーの野菜売場で見かけては「高い・・」とスルーしておりました。

で、連休直前に やっとかかってきました♪「筍コール」
実家へ到着すると もうちゃんと掘りあげて 持って帰るばっかりにしてくれてありました。
大小取り混ぜて十本ぐらい。
ふき、スナップえんどう、山椒も。ホント親ってありがたいです。

実家の母と喋っていたら 筍の保存方法の話になり
母は 酢漬けしたり、脱気して瓶詰め保存したり、いろいろやったけど 
「茹でて適当な大きさに切ってから お砂糖をまぶして冷凍しておくとええよ」
この「砂糖まぶし&冷凍」が一番!とのことでした。
半信半疑で(お母さん ごめんなさい)あとで検索してみたら、あら~~砂糖まぶし&冷凍の筍保存が世間ではめっちゃ普及してる模様です~@@
私の方が遅れてる・・

帰宅して すぐ皮を剥いて 米糠入れて茹でて・・
f0012059_1371245.jpg早速 私もやってみました。
ジップロックの中袋いっぱいに入るぐらいの筍に対して大さじ1~2の砂糖をまぶします。
f0012059_1372458.jpg5㎜ぐらいの厚さに切った
煮物用。

f0012059_1373332.jpgこれは炒め物用に短冊切り。

しばらく経ったら どんなものか 使ってみます。
これでOKなら 煮物用は来年のおせち用に一袋とっておくつもり。


筍の皮を剥くと 指の先(爪と指の間)が痛くなります。
剥いてしまってから 目からウロコのこんな方法 を見つけました。
今度筍貰ったら是非やってみよう!・・でも今年はもうないかも ^^;
f0012059_1374059.jpgお隣に柚子マーマレードをお裾分けしたら、私のジャムおばさんぶりが漏れ伝わったようで、ご近所から 立派な夏みかんをたくさん戴きました。
3個でゆうに1キロを超える大きさ。
二日かかって 2キロ分マーマレードにしました。


f0012059_23124931.jpg

このマーマレードを食べたいがために
ホシノでチューリッヒブロートを焼いて
今朝は久しぶりにパンの朝ご飯にしました。
今晩 長男が久しぶりに帰省の予定♪
熊さんと二人で迎えに行ってきます。
迷子になるといけないので(笑
[PR]
by ira1027 | 2011-05-02 13:09 | 保存食 | Trackback | Comments(6)

カラーの花と にんにくの醤油漬け

f0012059_138959.jpg
・カラー
・おみなえし

今日も一日中雨かと思っていたら午後から晴れ間がみえてきたので、慌てて洗濯物を外へ出しました。
でも、いつざーっと来るかわからないので油断は禁物です。

クリーム色の花びらで花の中心が黒、葉っぱは斑入りのカラーが、毎年、柿の木の下に咲きます。
花を見るたび、今年こそ咲き終わったら、お礼肥えをあげよう、植え替えよう、と話すのですが、いつも忘れてしまいます。

でも、またちゃんと咲いてくれました。


f0012059_13102766.jpg
去年、初めて作ったにんにくの醤油漬けが、とても好評なので今年も作ることにしました。

今年は、収穫が少なかったので産直で買い足しました。
ちっちゃいピーナツぐらいのがうちのにんにくです。
産直のと比べると大人と子供ぐらい違います。
f0012059_13111775.jpg
炒めものや、チャーハンの味付けに使ったり、熊さんや子供は、浸かったにんにくをそのまま食べたり。
にんにく醤油+生姜ジャム=ステキな焼肉のたれ になります。
なくなりそうになると にんにくを放り込み 醤油とみりんを継ぎ足し、継ぎ足しして ずっと使っています。
今年も活躍してくれそうです  ^^
[PR]
by ira1027 | 2010-07-12 14:00 | 保存食 | Trackback | Comments(7)

寒い時期には♪

厳しい寒さが続いていますが
みなさん、お風邪など引いてみえませんか。
こう寒いと 冷え性のオババの私は 見た目なんぞどうでもよくなり、保温第一。
下着(下)+ババシャツ(上)+ガードル(下)+マイクロフリース(上)+スパッツ(下)
・・・と 互い違いに重ね、現金書留封筒か?と自分にツッコミつつ
のりしろの部分にカイロをペタリで やっと腰回りの装備完了。
足元は五本指ソックス+貼るカイロ(会社で 事務服のスカートのときも タイツの中の足元は密かに五本指です)
それでも足の指にしもやけができる私って・・・血の巡り 悪すぎ。
どうりで 脳みそに血が行かないはずです(爆
でも、保存食作りには この寒い時期がとってもいいんですよね。

というわけで 今年も手前味噌仕込みのはじまり、はじまり~。

f0012059_22454958.jpg麹の出来上がりに合わせて
今年もお隣に大豆を分けて貰うよう頼んでおいたら
玄関に 米の袋入りで ドッカ~ンと届けて貰いました。
大豆の選別作業から始まる 今年の味噌作り。
おばあちゃんにも手伝って貰い、夜なべ。

f0012059_22462067.jpg
今回はまず赤味噌から。
いつもの麹屋さんの
豆・麦・米のミックス麹です。

f0012059_22464824.jpg
新豆は早く柔らかくなります。
大豆 2.5キロで煮上がり5.7キロでした。
f0012059_22472634.jpg愛用のフープロが少々くたびれてきたので 
BOSCHのブレンダー買おうか ずーーと迷ってましたが
結局 買わないまま 仕込みの日を迎えて
例年通り お玉に二杯ずつFPで地道につぶす作戦で。
f0012059_1855844.jpg夜なら熊さんに手伝って貰えたのですが
日曜の夜8時は龍馬伝ですから!
これは何としても 日中に仕込みを終えなくては、、と
一人黙々と団子を丸める私。
f0012059_22474567.jpgできました。
去年大豆7キロ分仕込んで
テーマは「味噌自給率 100%」と言ってたのですが
家内が少なくなったこともあって 十分まかなえる感じです。
(余るかも)
今年は 赤・白合わせて大豆5キロ分ぐらいでいいかな、と思いますが
大豆がたくさんあるし・・考え中です。

<分量 の覚書>
・麹 2.5キロ(大豆1:麦1:米0.5)
・大豆 2.5キロ(煮上がり5.7キロ)
・塩 1キロ
・種水 200CC 

カビ防止に
パストリーゼ77(お餅が全然カビなかったので)
・鷹の爪
・表面にガーゼを敷いて酒粕を置きました。
************************************************
f0012059_224817.jpg
切干大根も 今が作りどきです。
これは千切り。
f0012059_22481915.jpg
これは短冊切り。
油揚げや山菜と炊くと美味しいです。
f0012059_224831100.jpg
丸ごと一本の大根も 一か月干すとこうなります。
この「ほしなだいこん」を小口切りにして、酒粕も入れたお味噌汁=「ほしなのおし」は
我が家の冬の定番。
あったまるんです001.gif
[PR]
by ira1027 | 2010-01-17 22:52 | お味噌作り | Trackback | Comments(10)

週末は保存食作り♪

あちこちで 柚子が日に日に黄色く色づく今日この頃、
もう収穫どきなのでは、なんてひそかによそ様の心配をしつつ 帰宅すると
戴きものの柚子が届いていました。016.gif

f0012059_13164994.jpg
早速 柚子酒を漬けました。
去年とても美味しかったので。
10日経ったら皮を取りだし、1ヶ月後に実と種を取り出して濾して 2か月ぐらいから飲めます。
去年 熊さんの友達にあげたら 美味しくて 熟成を待たずに飲んでしまったと。。。
今年は熟成させてからプレゼントするので待っててね。

f0012059_1317045.jpgそれから 柚子大根
こちらの レシピを参考にさせて戴きました。
鷹の爪がいいアクセントになって とってもいいお味です。
ほっこりさん ありがとうございます。


f0012059_1317145.jpg
かりん酒。
JAの産直で4個150円のかりんで。
かりんは咽喉に良いそうなので、風邪のときなんかにいいんじゃないかと。
風邪引いたとき お酒ってええんやろか?
まあ、ええやん。




f0012059_13172796.jpg

我が家では、漬物は大体おばあちゃんのテリトリー。
ひの菜やかぶらは 塩漬けorぬか漬け、なのですが
楽子さんのところで見たひの菜のお漬物がとても気になっていたので 自分で漬けようと ひの菜を収穫してきました。

秋から冬のこの季節 食卓にひの菜と小カブのお漬物が並びます。
そうすると必ず決まっておばあちゃんが
「ひの菜とカブラ、どっちが好き?え、ひの菜?ワシはカブラのほうが好き」と。
嫁いで二十数年、繰り返される アンタひの菜・ワシカブラ論議
我が家の風物詩です。

これは 塩で下漬けして絞って、酢、酒、砂糖、昆布茶で作った調味液に漬ける、というもの。
レシピこちらです
私は昆布茶がなかったので 小さいだし昆布を入れました。


出してみたらいい漬かり加減で 超・美味しい(^^)
漬け液に酢が入ってるので綺麗な桜色、
噛むとひの菜のいい香り、
ご飯がすすむこと、すすむこと。
(バリバリ食べてしまったので画像はありません ^^;)
おばあちゃんも気に入って「もういっぺん ひの菜とってくるわ」と。
カブラ派からの寝返りか?(笑
楽子さん ありがとうございました。
f0012059_13174010.jpg

今日のお弁当にもひの菜入れました。
・さつま芋入り玄米ご飯
・ベーコン&炒り卵
・ほうれん草胡麻和え
・切干大根 豆と椎茸の煮物
・ひの菜漬け
[PR]
by ira1027 | 2009-12-01 21:33 | 保存食 | Trackback(1) | Comments(21)

今年は栗が豊作で

f0012059_22335574.jpg
栗も表年、裏年があるのでしょうか、
今年は豊作でした。
消毒もしないけれど 殆ど虫にも食われず。
綺麗な栗がたくさん取れて
茹で栗、栗ご飯で食べたり、おすそ分けしたりしました。

f0012059_22341153.jpg
栗の木は裏の畑ではなく、少し離れた畑にあります。
なかなか毎日は見に行けず、そうすると、散歩に通りがかった人が拾っていくのでしょう、イガだけ残っています。
けれど、お友達二家族が子供連れで栗拾いに来てもらうことになり、当日 空っぽのイガばかりだと気の毒なので、栗拾い大会まで、朝晩畑に通って このとおり、買い物かごにだいぶストックしました。→
大会当日、直前に地面に撒いて「ほれ、拾え~」と。(笑

f0012059_22342699.jpg
「くりくり坊主」を買おうかどうしようか毎年迷います。
結局今年も買わないまま シーズン終了しました。
でも、なぜか前より鬼皮剥きが苦痛じゃなく、
慣れたんでしょうか?ちょっと楽しくもありました。
f0012059_22352049.jpg

得体のしれない瓶詰の写真ですが 渋皮煮です ^^;
1キロ×3回ぐらい作りました。

f0012059_22353375.jpg
渋皮煮は 熊さんの大好物。
「話したら みんなが食べたいって言うで 持ってきてくれへん?」
飲みに行った先から電話がかかること二回。
めちゃ盛り上がってる様子が受話器から伝わってきて、仕方ないので配達しました。(-公-)

酔っ払いに渋皮煮の味、わかるんやろか・・・
とシラフの私はブツブツ言いつつ。。。

[PR]
by ira1027 | 2009-10-17 23:31 | 保存食 | Trackback | Comments(12)

雨の休日も楽しい♪ 保存食作り

f0012059_12485198.jpgようやく 梅雨が明けた先日
梅の土用干し。
でも、またぐずついた天気が続き
今日も雨降り

梅干したちは
瓶の中で
晴れの日を待ってます。

外仕事ができない雨の休日、台所でゴソゴソ・・・
保存食作りが楽しいです。

  
   左から 生姜の甘酢漬け   茗荷の甘酢漬け   にんにく醤油

f0012059_12564171.jpg
生姜の甘酢漬け 
は熊さんのお気に入り、定番です。
㌘98円とかお安い生姜を見つけては
作っています。
生姜はまだまだ収穫できないけれど 
畑で茗荷がたくさん取れます。

収穫は 淡いクリーム色の
クロッカスみたいな花が目印です。
ホントは花が咲く前に収穫する方がいいです。ずぼらな私はすぐ忘れて花盛りにしてしまいますが ^^;(8/13補足) 

f0012059_20343314.jpg季節の保存食―いちごジャムから梅干し・みそまで
茗荷の甘酢漬け もいい、とあったので
作ってみたら いい感じ。
酢の物に刻んで入れたり ちらし寿司にと 重宝です。
物忘れがはげしいのは 食べ過ぎ??
いえいえ 茗荷のせいにしてはいけません。。。

おばあちゃんが収穫してくれたニンニク、
去年は保存に失敗して(日にちが経ったら中がスーカスカでした)
クヤシイ思いをしたので
今年は にんにく醤油 を作りました。
これも石原さんの保存食の本に載っています。
醤油とみりんを煮立てて冷ましてから ニンニクを入れるだけ。
これが 大活躍!
ゴーヤチャンプルの味付けなんぞ、毎回これ一つでホホホイノホーイ!
どんどん消費するので 今は 減った分醤油をドボドボ、ニンニク投入。
それでもいい味保ってくれています。

f0012059_1372429.jpg今日のお弁当
・豚肉と春雨、ピーマンの炒め物
・ゴーヤの佃煮
・ササギの胡麻和え
・オクラ

ゴーヤの佃煮
茹でて 醤油・ザラメ・酢でコトコト炊いて チリメンジャコ、たっぷりの胡麻、カツオを入れて・・・
出来上がった佃煮は
ぜ~んぜん苦くなくて 
もはや ニガウリの原型をとどめず、
ゴーヤ苦手なおばあちゃんも「これはウマい」と。
ゴーヤ食いの熊さんや私としては
「こんなん ゴーヤとちゃう!」
と物足りない。。。
「でも、ゴーヤじゃない食べ物、と思えば ふつうに美味しいやん」
なんて妙な言い訳をしながら
モリモリ食べる私達です ^^;
[PR]
by ira1027 | 2009-08-07 13:05 | 保存食 | Trackback | Comments(22)