タグ:保存食 ( 35 ) タグの人気記事

麹漬けと柚子マーマレード

f0012059_12475779.jpg
ウインターコスモスの季節になると、
我が家では「麹漬け」作りが始まります。

夏の間いっぱい取れる胡瓜や茄子を麹漬け用にどんどん糠漬けにしておきます。塩分20%くらいの塩からーい糠床。
後で塩抜きするのでいいのです。でないと暑い夏は越えられません。

11月になったら漬けた茄子や胡瓜を出して干し、乾いたら保存します。(干しているところ)
f0012059_08232834.jpg

麹漬けの作り方は...
●麹 750㌘ 醤油 2カップ 砂糖 100㌘
 麹をほぐして、炊飯ジャーに入れます。そこへ醤油と砂糖を煮立てて注ぎ入れ、保温3~4時間。

●塩漬けの茄子・胡瓜  生姜
麹漬けに使う分だけ胡瓜や茄子を水に浸け、塩抜きします。
途中細かく刻んで、また何回か水を替えます。噛んでみてほんのり塩味が残るぐらいになったら茹でて冷まし、ギュッと絞っておく。生姜は千切り。
f0012059_08261886.jpg

麹と具を合わせ、一週間ぐらい寝かせます。
最初はよそよそしい感じの麹と具↓ですが
f0012059_19053436.jpg
時間が経つと仲良く馴染んでしっとりツヤツヤ。↓
f0012059_08192259.jpg
茄子や胡瓜にも味が染み込み、いい感じ。
ご飯にのせると箸が進む、進む...(^-^;
熊さんのお友だちはクラッカーに載せてお酒のアテにしてました。

麹漬けをお裾分けしたらお礼に柚子を戴いたので、柚子マーマレードを作りました。
柚子皮620㌘ りんご果汁100cc 柚子果汁160cc グラニュー糖510㌘

いつもお世話になっているミセス・ベリーさんのレシピで。
f0012059_08183246.jpg
今週は、夜なべに胡瓜や茄子、柚子皮...刻んでばかりの一週間でした


[PR]
by ira1027 | 2016-11-18 08:17 | 保存食 | Trackback | Comments(2)

生姜でいろいろ

ずいぶんご無沙汰してしまいましたが、おかげさまで元気にしています。

おばあちゃんが生姜をたくさん収穫してくれたので、いろいろ作りました。
f0012059_15173163.jpg
左から
●生姜ジャム
●生姜の甘酢漬け
●紅生姜(梅酢漬け)
●生姜シロップ
です。
 生姜ジャムはミセス・ベリーさんのレシピです。ヨーグルトのお伴はもちろん、豚の生姜焼きなど料理の味付けにもとても便利。
 甘酢漬けは熊さんの大好物なので作っては食べ作っては食べ...。
 紅生姜は、今年初めて梅干を自分で作ったので、その梅酢で漬けました。塩を減らして砂糖や酢を加えた梅干の梅酢を使ったので、紅生姜も塩っぱ過ぎずいい感じに出来上がりました。
 生姜シロップは熊さんが炭酸水で割ってジンジャーエールにして飲んでいます。
 二つの瓶で随分色が違います。ほぼ日の手加減しない...の方は深い赤色。こちらは、砂糖と水を加えて煮る前に薄切りした生姜を80~100度のオーブンで30分加熱する、という工程があります。
「しょうがに含まれるジンゲロールという成分は熱が加わるとショウガオールという成分に変化する・・そのショウガオールにからだを芯からあっためる効果がある」 (ほぼ日より引用)
 一方、色の薄いピンクの方は、2回目作った時、日に干しただけでオーブン加熱を省略したもの。
 熊さんいわく、「色の濃いヤツの方が断然旨い」
色だけでなく、風味も濃い感じ。こちらの方が私も美味しいと思いました。手抜きせず2回目もちゃんとオーブン加熱すれば良かったです(^_^;)
 シロップを引き上げた後の生姜は、カラッと干してお茶の友に。一枚食べると心なしかじんわり温まるようで、ほっとするおやつです。

[PR]
by ira1027 | 2016-10-30 22:39 | 保存食 | Trackback | Comments(2)

初めての梅干し

今まで梅干は作ったことがありませんでした。
でもブロ友さんの袋漬けを見せて貰ったり、今の職場でも梅干し作り人口(?)が意外と多いことが判明したり...で、私の梅干し熱は否応なしに高まり、ついに今年はチャレンジするぞ!となりました。
6月12日収穫した畑の梅3㎏
青かったので追熟させて6月16日に漬け込み
実家の母に教えて貰った漬け方で、塩の割合を減らしてその分砂糖、酢を加えます。砂糖が入るからと言って甘い感じではなく、しょっぱさがまろやかで食べやすいです。タッパーウエア使用。
梅酢は三日ほどでダブダブに上がったので、紫蘇を揉んで入れました。
f0012059_12300896.jpg
週末、買い物に行くと安い南高梅(Mサイズ)が売っていて、これを逃がすともう来年まで会えないなあ、と思わず1㎏買ってしまいました。
これはジップロックで袋漬けに。
重石は塩と砂糖1㎏ずつ、合計2㎏載せました。
f0012059_12270760.jpg
検索すると本当にいろんなレシピがあり、迷いましたがこの袋漬けの分は塩と少し焼酎を入れるやり方に。
参考にさせて貰ったのは、楽子さんの梅干し作り。塩分12%で毎年素敵な梅干しを作ってみえます。(小心者の私は後で塩30㌘を追加して15%にしましたが...(^^;)

翌朝にはもうだいぶ梅酢でたぷたぷしていました。
f0012059_12290838.jpg
出窓に置いて、毎朝見るのが楽しみです。

[PR]
by ira1027 | 2016-06-28 12:26 | 保存食 | Trackback | Comments(4)

三連休 宿題二つ

おばあちゃんの畑友達さんから
「柚子欲しかったら取りにおいで」と
声をかけて貰ってたのを
日曜日に戴きに行ってきました。
柚子20個&金柑(たまたま)10個ぐらい。

f0012059_21571538.jpg
月曜日にジャムにしました。
柚子皮 850㌘
ビートグラニュー糖 600㌘
柚子果汁 200cc
リンゴ果汁 100cc
水 カップ2

ベリーさんの教科書を見ながら作りました。

本当はもう少し砂糖を入れますが、ビートグラニュー糖が残りこれだけだったので。
火を止めるタイミングがいつも難しいと思うけど
今回は翌朝トローーン、とかなりいい感じになっていて嬉しかった。
キュンと甘酸っぱい味、輝くような黄色、爽やかな香り。
ヨーグルトのお伴に最高です。

f0012059_12485217.jpg

かねてからの懸案事項 二つ目
おばあちゃんに頼まれていた

大根の収穫&洗って干す作業やりました。
その数101本(*_*;
作業後 グッタリ 昼寝しました(爆
おばあちゃんが沢庵や丸干し大根にしてくれます。
こんなに誰が食べるんやろ?って思うけど・・・
お裾分けもしたりしてたぶん消費されるのです。


[PR]
by ira1027 | 2015-11-25 22:23 | ジャム | Trackback | Comments(6)

我が家のしば漬け & ブルーベリーを●●漬けに

残暑厳しい毎日、お変わりありませんか?

暑くても元気なのは夏野菜です。
毎日山盛り取れます。 生のままお裾分けしたり キューちゃんにしてから届けたり。
茄子、胡瓜、茗荷で作る柴漬けもさっぱりして喜ばれます。
作り方はこちらに載せています。
f0012059_13530889.jpg

今日の熊さんのお弁当
・焼き塩鯖
・はんぺんの煮物
・オクラ胡麻和え
・柴漬け きゅうりのキューちゃん
・紫蘇生姜
f0012059_13535156.jpg



お盆前に熊さんともう一度ブルーベリー狩りに行ってきました。
黙々と摘んで二人で3.1㌔(摘み過ぎ(^-^;))
大粒で熟したものは生食用に。
1㌔はジャムに。
それからあとは冷凍と・・・
まだいっぱいあるので、

f0012059_13532186.jpg



はちみつ漬け にしてみました。
蜂蜜を瓶の半分ぐらい入れ、綺麗に洗って水気を切ったブルーベリーを投入、軽く混ぜて冷蔵庫に保管します。(室温だと発酵するので必ず冷蔵に)
最初はドロドロの蜂蜜とブルーベリーが全然混じり合わない感じですが、数日で蜂蜜が次第に紫色に染まりサラサラになってきます。ジャムとはまた違うフレッシュな風味でヨーグルトのおともにとても美味しいです。
林弘子さんのブログを参考に作りました。
林さんは、もう亡くなられたのですけど、パンやお味噌など 発酵に関する著作が何冊もあり、その豊富な知識や実践だけでなく 考え方もとても素敵で惹かれ、今も時々ブログを読み返しています。
はちみつ漬けはイチゴなど他のベリー類でもいいそうです(冷凍ものもOK)
パンケーキなどにも綺麗で美味しい。
生ですので 長く置かれる場合は火を通して。



[PR]
by ira1027 | 2015-08-18 13:52 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

今年もブルーベリーを摘みに & 我が家の紫蘇生姜

今年もブルーベリー狩りの季節がやってきました。
地区の草刈でご近所さんと喋ったら、
近くて安くて毎日営業、しかも朝6時からやっている・・・そんな素敵な農園の耳寄り情報を教えて貰い
これはもう、行くしかない!と。

朝7時半にお友達を迎えに行き
農園に着くと、ほかのお客さんの気配が殆ど感じられないぐらい広くて
いろんな種類のブルーベリーの木がワサワサ・・・
夢中で摘みました。

f0012059_19534173.jpg

摘みも摘んだり 2.1キロ!

帰りにお茶でもするかな?と思いきや
友人が「新鮮なうちにジャムにせんとあかんな!」
去年初めて一緒に行ってジャム作りの楽しさに目覚めた彼女の言葉に
負うた子に教えられ、みたいな気分で直帰しました(笑

f0012059_19540964.jpg
ベリーさんの教科書を見ながら、グツグツ・・・
ミントを忘れずに入れます。
毎年 鉢でミントを育てるのはこのジャムのため。


ブルーベリーは固まりやすいので出来上がりの見極めが難しいです。
ちょっとゆるいかな、ぐらいで止めないと
佃煮みたいになってしまう。
f0012059_19543585.jpg


瓶12個分できました。
すでに嫁入り先が決まっているものもいくつか。


f0012059_15302835.jpg



これも夏の我が家の定番、紫蘇生姜です。
作り方は簡単
・梅酢漬けの生姜を刻んで
・梅干を漬けた時の紫蘇を干し 半乾きにして刻んで
・白ゴマを混ぜる
おにぎりにお弁当に大活躍です。



[PR]
by ira1027 | 2015-08-06 15:28 | ジャム | Trackback | Comments(2)

大玉7個分をギュギュッと一瓶に

毎朝畑に行くたびにトマトがいくつか赤らんで
収穫して置いておくと2,3日で真っ赤に。
そうなると作らずにはいられません!
刻んで...
f0012059_10082645.jpg
玉葱とにんにく、鷹の爪と一緒にグツグツ煮て濾して
砂糖、塩、酢を入れて更にグツグツ...
f0012059_20150484.jpg
自家製トマトケチャップの完成!
鍋いっぱいだったトマトが一瓶に。
なんという歩留まりの悪さ!((爆
でもトマトの旨味がぎゅぎゅっと凝縮されて
一匙舐めると幸せ~。
作ったあとの鍋にご飯を投入→ケチャップライス
ブロ友さんに教えて貰った大ご馳走です
f0012059_10275114.jpg
普通のフライもこのケチャップでグレードアップ◎
魚フライ オクラ入り卵焼 マヨちく 
モロッコいんげん 蒟蒻
熊さん弁当です。


[PR]
by ira1027 | 2015-08-01 10:37 | 保存食 | Trackback | Comments(4)

今年は豊作です

我が家の柿、去年は青い実のうちに殆ど落ちて超・不作でしたが、今年は大豊作。
よかったね、ラン。(うちのワンコは何より柿が好き)
昨日、第一回めの収穫をしました。
f0012059_21263065.jpg
物置の屋根に枝が被さるように実をつけているのを、トタン屋根に上って収穫するのは、毎年私の役目。
熊さんは高いところはダメなのです。
トタンが熊さんの重みに耐えられない、というのもある。
上に上がると 途方に暮れるくらいたくさんの柿、柿、柿。
車で通りかかった熊さんの従姉妹が
「屋根に上がってるのが見えたで、貰いに来た!」
素晴らしい~~(笑
あちこちお裾分けしてもまだまだ・・・
当分デザートは柿です。

f0012059_21463886.jpg
そう言えば、以前柿のドライフルーツもどきを作ったっけ、と思い出しました。
★この時の日記★に辿り着き、また作ってみました。(こんな時、ブログって便利だな~、と実感します。)
縦切りでもいいですが、横にスライスするとレンコンみたいでちょっと可愛いです(*^^*)

f0012059_2158970.jpg
干しかごに並べて干して、数日で出来上がり。
ラム酒に漬けてヨーグルトに入れたり、パンに焼き込んだり、そのままおやつにも。

でも途中「味見」と称したつまみ食いでだいぶ減ります^^;
干し芋と同じく、半生も美味しいのです。

f0012059_226159.jpg

畑は今、ダリアが綺麗です。
[PR]
by ira1027 | 2014-10-27 22:06 | 保存食 | Trackback | Comments(6)

紫蘇生姜と月下美人

日中の日差しはまだ強いけれど、朝晩は少し肌寒くなって秋を感じるこの頃となりました。
秋の畑の収穫は里芋、サツマイモ、いろいろありますけれど、生姜を掘るのも楽しみです。
自家製の梅酢に漬けた紅生姜は格別の味。
f0012059_22185921.jpg
我が家は、さらに、この自家製の紅生姜を細かく刻んで、それから梅干しを漬けた時の赤紫蘇も刻み、いりごまを混ぜた「紫蘇生姜」を作ります。
白いご飯にこの紫蘇生姜をふりかけるとご飯が進み過ぎて困ってしまいます(^-^;
混ぜ込んだおにぎりも色合い美しく美味しいです。

f0012059_22191371.jpg今日のお弁当
・豚肉の生姜煮 万願寺唐辛子の焼いたの
・里芋と竹輪とインゲンの煮物
・ごはん、紫蘇生姜
・ピオーネ

f0012059_22192665.jpg6月ごろだったか、お友達から月下美人の鉢を戴きました。
上手に育てられるか心配でしたが、お友達の「そんなに気を遣わなくても水やりとたまに肥料をやれば大丈夫、」の言葉通り、蕾をつけました。8月には3つの花が一夜に。そして先日またひとつ。


f0012059_22193750.jpg
f0012059_22194917.jpg玄関から階段を抜けて2階までいい香りが漂ってきて、まさに一夜に咲く美人さんでした。

f0012059_2220185.jpg

小さなシクラメン・・・
お礼肥えをやって夏の間外にほったらかしにしてあったのが、今 思いがけず季節外れの花を咲かせました。
玄関に置いたら、ほんのり明るく、心なごみます。
[PR]
by ira1027 | 2014-09-24 23:05 | 保存食 | Trackback | Comments(8)

柚子のある暮らし 

お隣に正月明けに柚子を貰いに行ったら、
「よかったら全部ちぎって行って」と言われました。
農家のお隣はイチゴの収穫が真っ盛りなので、とても柚子どころではないそう。
厚かましくも頂戴してきました。
柚子マーマレードを何度か作ったり、友達におすそ分けしたり・・
でも、まだまだあります。

そこで、前から気になっていた本を図書館で借りてきました。
(おらが村にはなかったので、取り寄せて貰いました)
柚子のある暮らし―料理、お菓子から薬効、化粧水まで
柚子のある暮らし―料理、お菓子から薬効、化粧水まで

副題の通り料理のレシピに始まり、薬効や保存方法など・・柚子の皮、搾り汁、そして種や葉っぱまで、暮らしに活かす手だてが語られています。そんなに分厚い本ではないけれど、内容は濃くて興味深い一冊。写真がまた美しくて、作者の柚子に対する深い思いを感じました。
毎年何の気なしに柚子マーマレードやピールを作っていましたが、これを読んで「へぇ~」と感心したり、「これやってみたい!」と思うことがたくさんあり、是非買って手元に置きたいと思いました。


f0012059_23375147.jpg
化粧水を作ってみることにしました。(今まで 種はたまにジャムのとろみ付けに使うぐらいでした。)

捨てるところがありません。
果汁を絞って、しぼった後の袋はジャムを煮るときに一緒に入れます。
皮は、へたとおしりの部分を切り落とし(ジャム用)、残りの綺麗なところをピール用に切って分けました。
f0012059_23523620.jpg化粧水…種を洗わずに焼酎(または日本酒)に漬けるだけ。
日にちが経つとペクチンが固まってゼリー状になるそうです。
美白、シミが薄くなるなどの効果があるとか。楽しみです。
火傷や虫刺されにもいいそうです。


f0012059_23565036.jpg
柚子酢を絞り、ピールを作ったあとの残りの部分でジャムを。このジャムの作り方はこの方がすごくわかりやすくまとめてみえるのを参考にしました。
皮のへたとおしりの部分(2回茹でこぼし)と果汁を絞った袋をフープロにかけて濾し、果汁と砂糖を加えて煮ます。なめらか、濃厚で「柚子ピュレ」という感じです。皮を刻んだマーマレードとまた違う美味しさ。

柚子のある暮らし、楽しいです。
教えていただいた方に感謝♪
[PR]
by ira1027 | 2014-02-12 00:07 | | Trackback | Comments(2)