タグ:ジャム ( 37 ) タグの人気記事

師走も半ばですね

f0012059_127322.jpg今日のお弁当
・海老チリ
・ブロッコリーとジャガ芋のサラダ
・紫花豆
・南瓜煮物

紫花豆、夏に草津で買いました。
熊さんも私も煮豆は大好物。
「上手に煮えたな~」と褒められました。
へへへ、栗の渋皮煮のシロップを使い回し
活用 したのはヒミツです。

***********************

この間の日曜、ゴルフから帰り着替えている熊さんを見て、驚愕!@@
黒いパッチ(というのか?ステテコ?ズボン下?)はいてる!
たぶん、生まれて初めて買ってきて穿いたと思われます・・・
「ヒートテックであったかいんや~」
そうやろな~、レギンスみたいにピッタリしとるもん。
でも・・・
「なんかプロレスラーみたい」
思ったままを口にした私に
熊さんは「お前とはもう喋らん」とおかんむりでした。
じゃあ、ホッカイロ貼る私を笑わんといてよね。

しみじみとトシを感じる師走かな  ・・・  心の俳句 ^^;



***********************
f0012059_1282340.jpg
同僚のYちゃん
「どうやって作るの~?」

妹「空の瓶返すわ~。
  今度いつ作る?」

大好評につき、
ゆずジャム
増産いたしました♪

あの方にも差し上げよう、
暮れのお礼に・・・
などと思いめぐらすのも楽しいひととき。
[PR]
by ira1027 | 2008-12-16 12:11 | お弁当 | Trackback | Comments(12)

きっかけは

3年前 初めて作った
ベリーさんの紅いりんごジャム。
それから、私にとってジャムは「買うもの」から「作って楽しむもの」に変わりました。
ゆず ブルーベリー 苺 アメチェリ すもも ゆすら梅 などなど

そして、その季節のジャムが一番・・・ということも言葉だけでなく実感するように。
秋なら秋の、たとえばりんごジャムが一年経ったものでもいっとう素敵、
ということも知りました。

今年はなかなか紅玉に出会えなくて、去年の一瓶を大事に食べていましたが

f0012059_12363215.jpg


やっと作りました。

ベリーさんの素敵なレシピに感謝します。

小さい瓶にいくつか詰めて、お裾分けするのも楽しみ。 ^^


f0012059_1251598.jpg

何故でしょう、
今また「かもめ食堂」の話題をあちらこちらで見かけます。
そうなると そう

あれ!あのパンが!断然食べたくなるのでした。

でも お年頃なので(爆)バターや卵は抜いて ホシノで作った生地に
シナモンとグラニュー糖振って りんごジャムとレーズンを巻き込んで

なんちゃってシナモンロールの出来上がり。

ああ、これでも大満足~(笑

     *今日のパン*
        なんちゃってシナモンロール
        ショコラブレッド
        ウインナーロール(ドライカレー&チーズ載ってます)
[PR]
by ira1027 | 2008-11-12 12:57 | ジャム | Trackback | Comments(21)

ブルーベリーでいろいろ

f0012059_1253878.jpg
残暑はまだ厳しいけれど
朝晩少し秋の気配を感じます。
お盆を過ぎたら アキアカネを見かけるようになりました。
ちょっと涼しくなったので 山から下りてきたようです。


図書館の駐車場から見た御在所岳。

手前の池に咲いているのは

f0012059_12541588.jpg


蓮の花です。






f0012059_20445324.jpg
草津で収穫したブルーベリーでいろいろ作りました。

ブルーベリーマフィン
メープルままさんの真似っこして
クランブルをトッピングしてみたら・・・
あるとなしでは大違いですね~。おいしい。(*^_^*)


f0012059_20441363.jpg
ブルーベリー酒。
ブランデーとホワイトリカーの2種類。
窓辺で日に日に茜色に染まる瓶を眺めて
幸せ気分♪
出来上がりを楽しみにしてくれてるお友達もいますが
今あげるとすぐ飲んじゃいそうなのでしばし待たれよ。


f0012059_20465963.jpg
ブルーベリーチーズケーキ
ミセスベリーさんの。
レアチーズケーキは いつもこのレシピ。
ご馳走さまです。
熊さんも子供も大好物。


f0012059_21426.jpg以前から心惹かれていた木のまな板を買いました。
包丁の当たり具合がいいです。
洗って立てかけておくとすぐからりと乾きます。
ペストリーボードを出すのが面倒な時 パンも捏ねちゃったりして・・ ^^;
[PR]
by ira1027 | 2008-08-19 21:16 | お菓子 | Trackback | Comments(16)

香港・マカオから帰りました

香港は大雨でした。
これでもかって言うぐらい。

f0012059_05540.jpg散策にバスを降りた女人街ではまさにスコール。
道路が川のようになり、みんな履物の替えを買いに右往左往(爆)

けれど、夜景を見に行ったビクトリアピークでは雨が上がり、眼下のキラキラした光景は夢のよう。



新婚旅行以来、二十ン年ぶりの海外でした。





夜景を見たあと、ホテルに戻り、部屋のカードキーを差し込む・・・
でも、どうしても開かない。(*_*)
同部屋の同僚に「ねえ、ねえ、なんで~」と聞くと
「なんでかな~・・あっこれ、さっき乗ったトラム(電車)のカードやん!」
ああ、このカードって電車の絵がついとるんやな~、と思いながら何度も差し込んでた私って一体・・・(爆)
のちのち会社の語り草になることは間違いなし。
バスタブのお湯の抜き方がどうしてもわからず、とうとう最後には同僚に助けを求めたり、ホント珍道中でした。
でも楽しかった~。
出来上がってきた写真の私は、すべて笑顔満開でした。

**********************************f0012059_0133695.jpg


旅行から帰った私を待っていたのは

近所の方に戴いたスモモでした。

すごく熟してるので早く、早く、ジャムにしなきゃ!


f0012059_0134632.jpg
ベリーさんのレシピをお借りして、

また素敵なジャムが出来上がり。


旅行のトランクをちゃんと片付けたのは、しばらく後でした(爆)

f0012059_0135728.jpg
畑の夏野菜もどんどん取れて

胡瓜のキューちゃんやピクルスをせっせと作っています。

夏大根を去年の梅酢に漬けたのもさっぱりと美味しいです。
[PR]
by ira1027 | 2008-07-07 00:30 | お出かけ | Trackback | Comments(18)

南高梅のジャム

今年はもういいかな、と思ってました。
去年作った秘蔵の一瓶があったので。

あちこちのお宅で、梅ジャムできたよ~の日記を拝見し、食べたくなって開封しました。
そしたらどんどん食べ進んでしまい、もうあと半分ぐらいに。

梅が出回るのもあと僅かな期間だと思うと、スーパーで梅が気になって気になって仕方ありません。
f0012059_1241674.jpg
土曜日
3Lの南高梅が特売で、キロ398円でした。
梅干しには大きすぎるけど、ジャムならノープロブレム。
かえって果肉が多くて美味しそうやん。

f0012059_1241225.jpg
どうしても煮詰めすぎてしまうことが多い、私のジャム作り。
今食べている去年の南高梅のジャムも、やや「羊羹状態」(爆)

なので今回は、ゆるめにゆるめに…と心がけて作りました。
お日さまみたいなオレンジ色。
できたてと去年のとは味わいが違ってそれもまた面白いです。

f0012059_12413937.jpg

いばらもち作りでアンコが残りました。
イバラの葉っぱはまだ残っていたのですけど、
思い入れがある私しか食べないので・・・(笑)
あんパンにしました。

最近・・・
[PR]
by ira1027 | 2008-06-24 19:56 | Trackback | Comments(22)

梅酒と ゆすら梅のジャム

f0012059_21423559.jpg
今年は梅の生り年でしょうか。
裏の畑の梅がたくさん。
脚立たてて木に登って
1キロになるように数えてちぎりました。
ブランデーで梅酒。
毎年梅酒を漬けると「前のを消費しなきゃ」と
しばらく毎晩飲むことに(爆)
小さい瓶に小分けして冷蔵庫に入れて
今18年のを飲んでます。

f0012059_21485996.jpg
近所の方にゆすら梅を戴きました。
赤い宝石みたいに綺麗です。イクラにも・・・(笑)
以前も戴いてジャムにしたら
すごーく美味しかったので
通るたびに「今年もなってるな~」
塀越しにうっとりと眺めてました。
欲しい欲しい光線が届いたのかも(爆)


f0012059_21474017.jpg
種があるので少し炊いてから裏ごしして作ります。

見た感じ苺ジャムみたいですが
食べてみると爽やかな酸味があって、
まさしく梅の味。
蒸し暑くなった今の季節に美味しいジャムです。(*^_^*)




******************************************

今日は実家へ義母が用意してくれた新茶を持って行ってきました。
道すがら、ラジオで「今日は旧暦の端午の節句です」と言ってます。
手土産にいばらもちを買おうか迷って、もしかして、もしかすると母が作っているかも、と思ってやめて・・・
「こんにちは~」と実家へ着くと、台所でまさに母が作業中。
サルトリイバラの葉に小麦で練った皮に餡玉を包んでいるところでした(笑)

「野上がり」と言って農作業に区切りがつくとお疲れ様の意味をこめて、いばらもちなどたくさん作ったのです。
懐かしい味。
みんなお腹に納めて写真忘れました ^^;
[PR]
by ira1027 | 2008-06-08 21:52 | Trackback(1) | Comments(24)

食堂かたつむり

朝日新聞の書評に心惹かれ、図書館でリクエスト、 購入して貰いました。ありがたや~。

料理好きな人はきっと面白く読めると思います。
ストーリーは、現実にはこんなことありえへんよな~と言うところが何度かありましたけど。
主人公の倫子が野山の果実や畑の野菜で丁寧に作る料理が素敵です。彼女は自家製酵母パンも焼いてます。
これ読んで実際にキッチンに立つと倫子はこうしてたよな~なんて思ったり。
作者もたぶん「つくってたべる」ことがかなり好きな人なんじゃないかな~。
最近読んだ中で自分としては、この
食堂かたつむり」と
流星の絆」(東野圭吾)が、一等賞を争う感じ。
そのノブは心の扉」(劇団ひとり)も私は好きです。小市民的なところが・・・^^;


f0012059_15272411.jpg

おばあちゃんのお友達から蕗と山ウドをどっさり戴きました。
「お父ちゃんの兵隊ヅレ(=戦友)が送ってきたんよ~。アンタんとこのヨメさん、蕗好きやってなあ」
・・・私の蕗好きは、かなり浸透してるらしい(爆)
炊いたのを気持ち、お裾わけしました。
山ウドも一緒に貰ったので、味噌会えと佃煮に。

f0012059_15274493.jpg
お隣からは、苺を山盛り戴いたので
苺ジャムに。



f0012059_1528568.jpg
苺のお礼は相も変らぬくるくるパンです。
可愛い子供さんがみえるのでチョコ味。
一月にお味噌を一緒に作ったおうちです。
パンを届けついでに
「一度お味噌も覗いてみて、カビがきてたら焼酎で消毒するとええよ~」
先輩風を吹かせて、世話を焼いてきました(爆)
[PR]
by ira1027 | 2008-05-22 01:09 | | Trackback(1) | Comments(15)