タグ:お弁当 ( 57 ) タグの人気記事

またまた雪

やっと溶けて来たと思ったらまた積もりました❄
f0012059_08471059.jpg
スキー場みたいで眺めは綺麗なんですが、出勤が大変。
今朝はガリガリに凍っていたので駅まで熊さんに送ってもらいました。

●今日のお弁当
f0012059_20555521.jpg

豚肉の青紫蘇巻き 鰯煮付け きんぴらごぼう 茹でブロッコリー こうじ漬け 玄米ご飯

週末に畑の雪を少しよけて、葱、小蕪やブロッコリーを収穫、囲ってあった里芋や牛蒡など出しました。ホッとしたのも束の間、再び野菜は雪の中...(×_×;)
野菜のストックがちょっと心細くなってきました。
普段当たり前のように食べている野菜のありがたみが身に染みます。

[PR]
by ira1027 | 2017-01-25 12:34 | お弁当 | Trackback | Comments(0)

今日のお弁当はちらしずし

スーパーの宅配にお世話になっています。
朝10時までにネットで注文すると、その日の午後には配達してくれるので、朝通勤の電車の中で頼むこともしばしば。
仕事からまっすぐ帰宅してロッカーを開けると食材が届いているのは有難いです。
その宅配スーパーに時々「鮮魚朝市」というコーナーがあり、朝仕入れた魚を売っています。新鮮でお安くてなかなか良いのです。
昨日は生の穴子が売っていたので購入♪
夜、明日の下拵え、と思い、そうそう、穴子があるわ、と取り出したものの、穴子ってどう料理するんやったっけ?(←たぶん初めて)と検索から始まる・・(^^;

・熱湯を掛けて氷水に取ってから、身の皮目のヌメヌメを包丁の背でこそげ取る
・頭や骨は水を注いで火にかけ、アクを取りながら沸かしてだしを取る
・だしに醤油・みりん・砂糖を加えて煮汁を作り、下処理した身を入れて煮る、
という手順で、煮穴子完成しました (*^^)v

朝、冷蔵庫から昨夜の煮穴子を取り出そうと、パイレックスの容器に菜箸を入れたら・・・
煮汁も穴子もぜーんぶ、容器の形のままペロンとはがれてきてビックリ。すごい煮こごり状態!(゚д゚)!コラーゲンたっぷりなんですね~。
ビタミンAが多く、低カロリー高たんぱくで穴子は美容と健康によい魚だそうです。

f0012059_12192900.jpg
今日のお弁当
·ちらし寿司
(煮穴子 玉子焼 モロッコいんげん かにかまぼこ)
·竹輪と人参の煮物
·コロッケ

熊さんは「今日の弁当はめちゃ旨かった~」と。
おばあちゃんにも好評でした◎



f0012059_12335289.jpg
アガパンサス
水色の花火のような形の花
すらっとした葉
暑さをしばし忘れさせてくれるような

この季節に一度は生けたい花です。



[PR]
by ira1027 | 2016-07-06 20:40 | お弁当 | Trackback | Comments(4)

我が家のしば漬け & ブルーベリーを●●漬けに

残暑厳しい毎日、お変わりありませんか?

暑くても元気なのは夏野菜です。
毎日山盛り取れます。 生のままお裾分けしたり キューちゃんにしてから届けたり。
茄子、胡瓜、茗荷で作る柴漬けもさっぱりして喜ばれます。
作り方はこちらに載せています。
f0012059_13530889.jpg

今日の熊さんのお弁当
・焼き塩鯖
・はんぺんの煮物
・オクラ胡麻和え
・柴漬け きゅうりのキューちゃん
・紫蘇生姜
f0012059_13535156.jpg



お盆前に熊さんともう一度ブルーベリー狩りに行ってきました。
黙々と摘んで二人で3.1㌔(摘み過ぎ(^-^;))
大粒で熟したものは生食用に。
1㌔はジャムに。
それからあとは冷凍と・・・
まだいっぱいあるので、

f0012059_13532186.jpg



はちみつ漬け にしてみました。
蜂蜜を瓶の半分ぐらい入れ、綺麗に洗って水気を切ったブルーベリーを投入、軽く混ぜて冷蔵庫に保管します。(室温だと発酵するので必ず冷蔵に)
最初はドロドロの蜂蜜とブルーベリーが全然混じり合わない感じですが、数日で蜂蜜が次第に紫色に染まりサラサラになってきます。ジャムとはまた違うフレッシュな風味でヨーグルトのおともにとても美味しいです。
林弘子さんのブログを参考に作りました。
林さんは、もう亡くなられたのですけど、パンやお味噌など 発酵に関する著作が何冊もあり、その豊富な知識や実践だけでなく 考え方もとても素敵で惹かれ、今も時々ブログを読み返しています。
はちみつ漬けはイチゴなど他のベリー類でもいいそうです(冷凍ものもOK)
パンケーキなどにも綺麗で美味しい。
生ですので 長く置かれる場合は火を通して。



[PR]
by ira1027 | 2015-08-18 13:52 | 保存食 | Trackback | Comments(0)

大玉7個分をギュギュッと一瓶に

毎朝畑に行くたびにトマトがいくつか赤らんで
収穫して置いておくと2,3日で真っ赤に。
そうなると作らずにはいられません!
刻んで...
f0012059_10082645.jpg
玉葱とにんにく、鷹の爪と一緒にグツグツ煮て濾して
砂糖、塩、酢を入れて更にグツグツ...
f0012059_20150484.jpg
自家製トマトケチャップの完成!
鍋いっぱいだったトマトが一瓶に。
なんという歩留まりの悪さ!((爆
でもトマトの旨味がぎゅぎゅっと凝縮されて
一匙舐めると幸せ~。
作ったあとの鍋にご飯を投入→ケチャップライス
ブロ友さんに教えて貰った大ご馳走です
f0012059_10275114.jpg
普通のフライもこのケチャップでグレードアップ◎
魚フライ オクラ入り卵焼 マヨちく 
モロッコいんげん 蒟蒻
熊さん弁当です。


[PR]
by ira1027 | 2015-08-01 10:37 | 保存食 | Trackback | Comments(4)

「#9」(ナンバーナイン)

またサボリ虫でご無沙汰してしまいました。
みなさま お元気でお過ごしでしょうか?

このところ、仕事と家事を漫然とこなす毎日・・・寒いせいか身体も気持ちも縮みがち。
なんとなく気分も下降気味というか。意欲的に何かやる!ってことが出来ませんでした。

毎週の図書館通いは続けていましたが、大好きなはずの本すらあまり面白くないな~、と感じることが続いて、「これはもしや・・・ちょっと病気?やばい?」と思ったりして。

でも、昨夜本棚から何気なく手に取って ベッドで読みだした本が、え?というぐらい
もう面白くて面白くて。
私、病気じゃなかったわ。
ちょっとこのまま読み続けたら、朝起きられへんよ!でも、止まらん。どうしよう~~、、
・・・とうとう最後まで読んでしまいました。
この本です。

#9(ナンバーナイン) (宝島社文庫)
#9(ナンバーナイン) (宝島社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)

東京でインテリア・アートの販売員をするOL、真紅。仕事に挫折し、母親の待つ故郷に帰るべきではないかと悩んでいたある日。ふと立ち寄った宝石店で出会った見知らぬ中国人紳士に運命的な恋をする。真紅は「また会いたい」という一心で、紳士に渡された電話番号を頼りに上海に渡る。まるで見えない糸に導かれるように再会する二人。未来は、幸せなものかと思われたが―。上海を舞台に繰り広げられる大人の恋愛物語。


意に染まない仕事に悩むOLが中国の大金持ちに見いだされ、磨かれて美術品のディーラーとして開花、彼との恋。一見プリティウーマン的な話のようですが、違うんです。
彼女の本当の運命の人はこの後現れ、上海を舞台に美術、出会いと別れが見事に描かれてそして美しくて悲しいラストへとめくるめく展開が・・。登場人物もそれぞれ魅力的、富裕と貧困が混沌とした上海の空気がすごく伝わります。ネタバレになってしまうし 言葉足らずの私、上手に書けませんけれど。
作者の公式HPの「自伝的プロフィール」を読んでこの小説のリアリティは、彼女のすごい経験値に裏打ちされたものだな~、と納得。興味のある方はこちらへどうぞ。
原田マハさんは「楽園のカンヴァス」が有名だけれど、「#9」はそれをしのぐくらいの素晴らしさだと思います。
読み終えて眠ろうとしても、場面場面が映画のように浮かんできて、布団の中で勝手に配役を考えたりしてなかなか寝られませんでした。
朝起きて熊さんに言ったら「映画監督かっ!」と ^^;

睡眠不足でゾンビ状態、かと思いきや、今日はなんだかキビキビいろんなことが捗りました。
やっぱり本っていいです。
原田マハさんは「キネマの神様」とか他にもいい作品がたくさん。おススメです。

マンネリ気味だったお弁当もちょっと頑張りました。
f0012059_23443438.jpg今日のお弁当

・塩鮭
・切干大根とひじきと油揚げの煮物
・蓮根とカリフラワーのサラダ
・里芋 人参 蕪 竹輪の煮物
・ひの菜さくら漬け
[PR]
by ira1027 | 2015-02-18 23:47 | | Trackback | Comments(6)

さて、問題です

f0012059_083451.jpg
先日、あるもので初めてジャムを作りました。

赤くて 甘酸っぱくて 

一体 何のジャムでしょう。

答えは後半に・・・

*********************************f0012059_010228.jpg
最近 お弁当にスープジャーを愛用しています。
去年、友達にプレゼントしたら「すごくええよ~。最近レシピ本もいっぱいあって、保温調理試すのも楽しいよ」と喜んでくれたので、そんなにいいのかー、と自分にも買いました。
朝、容器をお湯で温めておいてから、アツアツを入れていくと、お昼食べる頃になってもかなりホカホカで嬉しいです。朝のお味噌汁の残りに生卵をポンっと割入れておくとちょうど温泉卵みたいな感じに。

この日のお昼ご飯は
パン二個、みかん・・・

f0012059_02218100.jpg
おでん。

これまで お味噌汁、トマトスープ、肉じゃが、など持っていきましたが、
今の所 おでんが断トツ一位(*^^*)


*********************************

さて、冒頭のジャムの材料ですがf0012059_0261870.jpg
これ。
ローゼル、というアオイ科の植物。
ハイビスカスティーの原料にもなるそう。
オクラのような芙蓉のような花を咲かせた後にプックリとしたこんな実ができます。
切り花用におばあちゃんが栽培してくれていて、ジャムになるということを最近知りました。
f0012059_0355055.jpg
このプックリとした実の赤いがくを手で剥きます。(簡単に剥けます)
赤いがくの部分だけ使って、水でしばらく煮て柔らかくしてからグラニュー糖、レモン汁(好みで)を加えしばらく煮たら出来上がり。私が参考にさせて貰ったのは★こちら★
キュンと甘酸っぱく 色鮮やかで目にも嬉しい
ヨーグルトの新しいお伴です。
[PR]
by ira1027 | 2014-11-07 00:51 | ジャム | Trackback | Comments(16)

なごりの柴漬け、ひの菜の赤ちゃん

f0012059_19322650.jpg
晴れた日中は汗ばむような陽気でも、朝晩はだいぶ気温が下がるようになりました。
今日は冷たい雨ふりでカーディガンを羽織ってちょうどいいぐらいでした。
朝ホシノでパン生地を捏ねておくと夕方いい感じになっています。
パン焼きにとてもいい季節です。

f0012059_19323583.jpg
おばあちゃんが時期をずらして育ててくれた胡瓜がたくさん収穫できたので、晩生の茄子と茗荷を合わせて何回か柴漬けを作りました。
胡瓜も茄子ももうおしまいなので、今年の柴漬けも終了。
スーパーでは年中売っていますが、畑で取れる野菜は買わずにまた来年、という感じです。

柴漬けの作り方は★こちら★に載せています。
f0012059_19324722.jpg 夏野菜が終わったら菜っ葉の季節がやってきます。
大好きなひの菜、まだまだ小さいけれど間引きもかねてちょこっと収穫して漬けました。
ご飯に載せて胡麻を擂って食べるとシアワセ。
ひの菜のさくら漬けの作り方は★こちら★にあります。
f0012059_19325877.jpg
今日のお弁当
・炒飯(卵、葱、ベーコン)
・里芋とイカの煮物
・はんぺん
・柴漬け、胡瓜の糠漬け
[PR]
by ira1027 | 2014-10-20 20:11 | お漬物 | Trackback | Comments(6)

紫蘇生姜と月下美人

日中の日差しはまだ強いけれど、朝晩は少し肌寒くなって秋を感じるこの頃となりました。
秋の畑の収穫は里芋、サツマイモ、いろいろありますけれど、生姜を掘るのも楽しみです。
自家製の梅酢に漬けた紅生姜は格別の味。
f0012059_22185921.jpg
我が家は、さらに、この自家製の紅生姜を細かく刻んで、それから梅干しを漬けた時の赤紫蘇も刻み、いりごまを混ぜた「紫蘇生姜」を作ります。
白いご飯にこの紫蘇生姜をふりかけるとご飯が進み過ぎて困ってしまいます(^-^;
混ぜ込んだおにぎりも色合い美しく美味しいです。

f0012059_22191371.jpg今日のお弁当
・豚肉の生姜煮 万願寺唐辛子の焼いたの
・里芋と竹輪とインゲンの煮物
・ごはん、紫蘇生姜
・ピオーネ

f0012059_22192665.jpg6月ごろだったか、お友達から月下美人の鉢を戴きました。
上手に育てられるか心配でしたが、お友達の「そんなに気を遣わなくても水やりとたまに肥料をやれば大丈夫、」の言葉通り、蕾をつけました。8月には3つの花が一夜に。そして先日またひとつ。


f0012059_22193750.jpg
f0012059_22194917.jpg玄関から階段を抜けて2階までいい香りが漂ってきて、まさに一夜に咲く美人さんでした。

f0012059_2220185.jpg

小さなシクラメン・・・
お礼肥えをやって夏の間外にほったらかしにしてあったのが、今 思いがけず季節外れの花を咲かせました。
玄関に置いたら、ほんのり明るく、心なごみます。
[PR]
by ira1027 | 2014-09-24 23:05 | 保存食 | Trackback | Comments(8)

春をいただきます♪

「初めて掘ったら結構あったよ、欲しかったら取りにおいで」
週末、実家から電話。
わ~~い、筍だ!
「行く行く、行きます~!」
熊さんにブーーンと乗せて貰って行ってきました。
f0012059_8311086.jpg

初物です。
今年は気温が低く、遅かったとのこと。
筍掘りって結構難しくて、以前一緒に行ったけれど、私は全然掘れませんでした。
土から顔を出しているよりまだ地面の中にいる若いもののほうがずっと柔らかくて美味しい。
実家の父は、踏んだ足裏の感覚で「ここらへん・・・」と見当をつけて、折らずに上手に掘り出します。

急いで帰って大急ぎで茹でます。


f0012059_8313591.jpg皮を剥く時は、まずこうして半分に切ると、皮からごそっと筍本体(?)だけ取り出せてとても簡単。
こちらの動画を見てもらうとよりわかりやすいと思います。
以前は、一枚ずつ剥いて手が痛くなったりして難儀したけれど、この方法を知ってからはたくさん貰ってきても大丈夫(*^^*)
早速煮物にして戴きました。

f0012059_9254893.jpgこのところ、 久しぶりに熊さんのお弁当を作っていて、筍が重宝しています。

今日のお弁当
・ピーマンの豚肉巻き
・筍の煮物
・ほうれん草のお浸し
・いかなごのくぎ煮
・梅干し

いかなごは今年、1キロずつ三回買ってくぎ煮にしました。
もう一回ぐらい買いたいな~と思っているうちにあっという間にシーズン終了・・・残念、、
また、来年です。
[PR]
by ira1027 | 2014-04-08 09:18 | お弁当 | Trackback | Comments(8)

残暑お見舞い申し上げます

日の暮れは早くなったものの、まだまだ日中は 痛いぐらいの強い日差し。
前回の記事で 暑さももう少しの辛抱、なんて書きましたが、甘かったですね ^^;
厳しい残暑が続いていますが みなさまお変わりありませんか。
ブログはさぼりがちな私ですが おかげさまで つつがなく過ごしています。


f0012059_12422547.jpg夏野菜は暑さが大好きなのですね、とっても元気。
オクラ20個 胡瓜10本 ゴーヤ5本・・とか毎日の収穫量はすごいことになっていて 友達にお裾分けしたり、せっせとキューちゃん、佃煮 漬け物など保存食作りにいそしむ日々。
ここのところ 熊さんのお弁当が要る日がたびたびあり、夏野菜&保存食にずいぶん助けられています。

今日のお弁当
・塩鯖
・オクラの豚肉巻き(塩胡椒味)
・ゴーヤの佃煮
・胡瓜のキューちゃん、しば漬け  プチトマト
・ご飯 梅干し ゆかり

帰ってきた熊さん、「オクラに豚肉巻いたやつ、ウマかった~~~」と。
(^v^)


昨日久しぶりに朝 パン生地を 捏ねました。
気温が高いので 冷蔵庫に入れようか迷いましたが、小さい保冷材一個とともにトロ箱に入れて出勤。
夕方帰ってきてトロ箱を開けたら・・・
ブワ~~~ッと発酵して タッパーの蓋を持ち上げんばかりの勢い。
ガーーーン 保冷材もっと入れておくべきだった、 過発酵で酸っぱいパンかも、・・・と思いつつ 焼いたら 

f0012059_1249503.jpg杞憂でした。
ふんわり いい感じ、
とっても美味しく焼けました◎
ブルーベリー レーズン 胡桃入りです。

捏ね上がりの生地と タッパーの容量を考えると 5倍以上・・いやもっと膨らんでいたと思うんですが あれぐらいがかえって よかったのかな、と思ったり。
いきあたりばったりのパン作り。
同じパンをもう一度焼こうと思ってもムリです。(爆
f0012059_13754.jpg
ヨーグルティアのヨーグルト作りも継続中です。
貰い物のキウイとマンゴーで煮たジャムを載せて。

ところで・・・私、今まで、種になるヨーグルトは 無糖じゃないと駄目だと思い込んでいました。
付属のレシピ集にも 材料「ヨーグルト(プレーンタイプ)」と書いてありますし。
無糖のLG21をずっと探すも、見つからず。(LG21が好きなので。)
偶然辿り着いたページで LG21 とか 加糖のヨーグルトでも普通に自家製ヨーグルトができる、と書いてる方があり、「ええっ?」
その足でLG21とR1を買いに行き、やってみたら、いかにも綺麗なヨーグルトが出来てビックリでした~。
[PR]
by ira1027 | 2012-08-22 20:55 | パン | Trackback | Comments(6)