「ほっ」と。キャンペーン

クリスマスリースを作りました

週末の畑の出来事。
毎年今頃牛蒡と人参を収穫します。
掘り出して、いいものを選り分け、土の中に保存しておくとしばらく大丈夫。おせち料理にも活躍します。
牛蒡は長いものだと七、八十センチくらいあります。
大きなスコップで掘って掘ってまた掘って、
折れないように土をどけていたら、・・・
牛蒡と土の間に白い爬虫類のお腹っぽいものが見えてドッキリ!
冬眠中のトノサマガエル君でした(゚д゚)
ありゃりゃ、ごめん、と安全な場所へ移動させる間も、半目で眠そうにされるがままになっていました。
もう一度おやすみなさい。
畑もすっかり冬模様です。


f0012059_23294171.jpg近所でリースつくりの講習会があったのですが、都合がつかず。
仕方がないので、自己流で、わけもわからず、散歩の時見つけたビナンカズラのつるをグルグルして土台にして・・・
ヒノキの葉、万両の実、ドライフラワーのアナベル、オレガノ、ローリエなど使いました。
まとめるのに四苦八苦しましたけれど、時間を忘れるくらい夢中になって
楽しかった!

f0012059_23392190.jpg
玄関がクリスマスになりました。

長靴と、そこから覗いている雪だるまくんは、3年ほど前に家族で次男の大学を訪れた時の思い出の品。

年末の子どもたちの帰省を心待ちにしている私です。
あんまり言わないようにしてるけれど・・・(笑
[PR]
# by ira1027 | 2014-12-15 23:40 | お花 | Trackback | Comments(8)

近所の寒椿、実家のキウイ

十二月の声とともに、厳しい寒さがやってきて、あちこちで大雪の被害も出ているようです。
みなさんのところは大事ありませんでしょうか。
こちらはまだ積もりませんが、山が白くなりました。
雪花がちらつく日もあって、先日タイヤをスタッドレスに履き替えてきました。
f0012059_20323828.jpg


近所の寒椿の古木です。

冬将軍に急かされるように、今年は少し早目に咲き始めました。


f0012059_20325682.jpg
二階建ての家より大きな木。
寒椿の中でも「獅子頭」という種類で、樹齢二百年だそうです。
県の指定天然記念物になっていて、遠くから見学や写真撮影に訪れる人も。
 

f0012059_20332035.jpg
近くに行くといい香りがします。
3月ごろまで長く咲き続けて、花の少ない冬に楽しませてくれます。
開いては散り、地面に花びらが散り敷いた様子もまた美しいのです。


f0012059_20301481.jpg
実家のキウイの木。
こちらは私が結婚で実家を出てからなので、樹齢二十年ぐらいでしょうか。
今年は特に豊作で30キロぐらい収穫したそうです。
ちょっとわかりにくいですが、写真右下にも鈴なりに生っているのが写っています。
f0012059_20302592.jpg両親が剪定・摘果・肥料・・・など丹精しています。
毎年私は「ありがとう~」と貰ってくるだけ(爆
たくさん貰ってきたので、パイナップルと合わせてジャムにしました。


f0012059_20303664.jpg
キウイとパイナップルの組み合わせ、素晴らしいのです。
ミセスベリーさんのレシピです。
ヨーグルトの美味しいお伴ができました。
[PR]
# by ira1027 | 2014-12-08 20:42 | ジャム | Trackback | Comments(6)

両親と東京へ

f0012059_192953.jpg
連休に一泊で両親と東京へ行ってきました。
両親の念願だった、叔父のお墓とお仏壇にお参りすることが目的の旅。
二日間ともお天気に恵まれ、ありがたかったです。

父は現在81歳になりますが、父の弟にあたる「東京のおじさん」は12年前、66歳で病気で亡くなりました。

おじさんは赤ちゃんの時に子供のない親戚に養子に貰われた、ということは知っていましたが、今回の旅にあたって、両親に初めて聞いた話がたくさん・・・

おじさんが4歳の頃にお養父さんが病気で亡くなり、お義母さん一人となってしまった。経済的な困窮(今のように年金や保障もない時代ですから)、それから戦争で空襲の心配もあり、いったん三重に戻り・・その後もいろいろな事情で東京と三重を行き来し、結局東京で就職したのだそうです。
東京で結婚。3人の子供に恵まれ、土地から買って自分の家を持ちました。お義母さんの最後も自分のおうちで看取りました。

明るくて面白くて、眩しいような都会の人と結婚して、帰省にはいつも素敵なお土産を携えて。
戴いたお人形を大事そうに抱っこしている姉と私の写真があります。
「東京のおじさん」に、私たち姉妹は小さいころから随分と可愛がってもらいました。

大好きだったおじさんがそんな苦労をしていたとは・・
でもあの明るさと優しさは、苦労を乗り越えてこそだったのかも、と思います。

最寄りの福生駅まで、叔母さんと、従兄弟(なんと三十数年ぶり!)が車で迎えに来てくれ、青梅市の霊園へ。紅葉の木々に囲まれた美しい自然の中におじさんのお墓はありました。
苦労をかけた、そして、先に逝ってしまった、という思いでずっと気にかけていた父は、「来られてよかった」と何度も言っていました。

時代とともに弔いやお墓に対する考え方も様々になり、お墓の存在意義すら否定する人も・・・
でも、今回お参りして、叔父の事はもちろん、実家や両親の事、そして、自分のこともいろいろ考えられてよかったです。うまく言えませんが、、、
f0012059_20214228.jpg
嫁いでから 両親と三人で旅したのは初めてでした。
元気な両親ですが、やはり高齢ですので駅の乗り降りなどは同じようには行かず・・
途中で「あれ?どこ行ったんやろ?」と慌てたり、十分な時間の余裕があってちょうどよいくらいでした。

f0012059_20342558.jpg二日目に行った東京国立科学博物館にて。

ホントは東京国立博物館に行こうとしたのですけど、上野駅を降りたら、すごい数の人がみんなそちら方面を目指していて、近づいていくうちに信じられない長蛇の列・・・
「国宝展」が開催されており、何もそんなこと知らず呑気に行った私たちは腰を抜かして即、ギブアップ。
とーーっても空いていた科学博物館を見学したのでした。
(恐竜の化石や日本の自然などとっても盛沢山で楽しかったです)
その後、次男と待ち合わせて一緒にお昼ご飯を食べることもできました。
両親も喜んでくれて何よりでした。
[PR]
# by ira1027 | 2014-11-26 20:00 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

さて、問題です

f0012059_083451.jpg
先日、あるもので初めてジャムを作りました。

赤くて 甘酸っぱくて 

一体 何のジャムでしょう。

答えは後半に・・・

*********************************f0012059_010228.jpg
最近 お弁当にスープジャーを愛用しています。
去年、友達にプレゼントしたら「すごくええよ~。最近レシピ本もいっぱいあって、保温調理試すのも楽しいよ」と喜んでくれたので、そんなにいいのかー、と自分にも買いました。
朝、容器をお湯で温めておいてから、アツアツを入れていくと、お昼食べる頃になってもかなりホカホカで嬉しいです。朝のお味噌汁の残りに生卵をポンっと割入れておくとちょうど温泉卵みたいな感じに。

この日のお昼ご飯は
パン二個、みかん・・・

f0012059_02218100.jpg
おでん。

これまで お味噌汁、トマトスープ、肉じゃが、など持っていきましたが、
今の所 おでんが断トツ一位(*^^*)


*********************************

さて、冒頭のジャムの材料ですがf0012059_0261870.jpg
これ。
ローゼル、というアオイ科の植物。
ハイビスカスティーの原料にもなるそう。
オクラのような芙蓉のような花を咲かせた後にプックリとしたこんな実ができます。
切り花用におばあちゃんが栽培してくれていて、ジャムになるということを最近知りました。
f0012059_0355055.jpg
このプックリとした実の赤いがくを手で剥きます。(簡単に剥けます)
赤いがくの部分だけ使って、水でしばらく煮て柔らかくしてからグラニュー糖、レモン汁(好みで)を加えしばらく煮たら出来上がり。私が参考にさせて貰ったのは★こちら★
キュンと甘酸っぱく 色鮮やかで目にも嬉しい
ヨーグルトの新しいお伴です。
[PR]
# by ira1027 | 2014-11-07 00:51 | ジャム | Trackback | Comments(16)

今年は豊作です

我が家の柿、去年は青い実のうちに殆ど落ちて超・不作でしたが、今年は大豊作。
よかったね、ラン。(うちのワンコは何より柿が好き)
昨日、第一回めの収穫をしました。
f0012059_21263065.jpg
物置の屋根に枝が被さるように実をつけているのを、トタン屋根に上って収穫するのは、毎年私の役目。
熊さんは高いところはダメなのです。
トタンが熊さんの重みに耐えられない、というのもある。
上に上がると 途方に暮れるくらいたくさんの柿、柿、柿。
車で通りかかった熊さんの従姉妹が
「屋根に上がってるのが見えたで、貰いに来た!」
素晴らしい~~(笑
あちこちお裾分けしてもまだまだ・・・
当分デザートは柿です。

f0012059_21463886.jpg
そう言えば、以前柿のドライフルーツもどきを作ったっけ、と思い出しました。
★この時の日記★に辿り着き、また作ってみました。(こんな時、ブログって便利だな~、と実感します。)
縦切りでもいいですが、横にスライスするとレンコンみたいでちょっと可愛いです(*^^*)

f0012059_2158970.jpg
干しかごに並べて干して、数日で出来上がり。
ラム酒に漬けてヨーグルトに入れたり、パンに焼き込んだり、そのままおやつにも。

でも途中「味見」と称したつまみ食いでだいぶ減ります^^;
干し芋と同じく、半生も美味しいのです。

f0012059_226159.jpg

畑は今、ダリアが綺麗です。
[PR]
# by ira1027 | 2014-10-27 22:06 | 保存食 | Trackback | Comments(6)

なごりの柴漬け、ひの菜の赤ちゃん

f0012059_19322650.jpg
晴れた日中は汗ばむような陽気でも、朝晩はだいぶ気温が下がるようになりました。
今日は冷たい雨ふりでカーディガンを羽織ってちょうどいいぐらいでした。
朝ホシノでパン生地を捏ねておくと夕方いい感じになっています。
パン焼きにとてもいい季節です。

f0012059_19323583.jpg
おばあちゃんが時期をずらして育ててくれた胡瓜がたくさん収穫できたので、晩生の茄子と茗荷を合わせて何回か柴漬けを作りました。
胡瓜も茄子ももうおしまいなので、今年の柴漬けも終了。
スーパーでは年中売っていますが、畑で取れる野菜は買わずにまた来年、という感じです。

柴漬けの作り方は★こちら★に載せています。
f0012059_19324722.jpg 夏野菜が終わったら菜っ葉の季節がやってきます。
大好きなひの菜、まだまだ小さいけれど間引きもかねてちょこっと収穫して漬けました。
ご飯に載せて胡麻を擂って食べるとシアワセ。
ひの菜のさくら漬けの作り方は★こちら★にあります。
f0012059_19325877.jpg
今日のお弁当
・炒飯(卵、葱、ベーコン)
・里芋とイカの煮物
・はんぺん
・柴漬け、胡瓜の糠漬け
[PR]
# by ira1027 | 2014-10-20 20:11 | お漬物 | Trackback | Comments(6)

紫蘇生姜と月下美人

日中の日差しはまだ強いけれど、朝晩は少し肌寒くなって秋を感じるこの頃となりました。
秋の畑の収穫は里芋、サツマイモ、いろいろありますけれど、生姜を掘るのも楽しみです。
自家製の梅酢に漬けた紅生姜は格別の味。
f0012059_22185921.jpg
我が家は、さらに、この自家製の紅生姜を細かく刻んで、それから梅干しを漬けた時の赤紫蘇も刻み、いりごまを混ぜた「紫蘇生姜」を作ります。
白いご飯にこの紫蘇生姜をふりかけるとご飯が進み過ぎて困ってしまいます(^-^;
混ぜ込んだおにぎりも色合い美しく美味しいです。

f0012059_22191371.jpg今日のお弁当
・豚肉の生姜煮 万願寺唐辛子の焼いたの
・里芋と竹輪とインゲンの煮物
・ごはん、紫蘇生姜
・ピオーネ

f0012059_22192665.jpg6月ごろだったか、お友達から月下美人の鉢を戴きました。
上手に育てられるか心配でしたが、お友達の「そんなに気を遣わなくても水やりとたまに肥料をやれば大丈夫、」の言葉通り、蕾をつけました。8月には3つの花が一夜に。そして先日またひとつ。


f0012059_22193750.jpg
f0012059_22194917.jpg玄関から階段を抜けて2階までいい香りが漂ってきて、まさに一夜に咲く美人さんでした。

f0012059_2220185.jpg

小さなシクラメン・・・
お礼肥えをやって夏の間外にほったらかしにしてあったのが、今 思いがけず季節外れの花を咲かせました。
玄関に置いたら、ほんのり明るく、心なごみます。
[PR]
# by ira1027 | 2014-09-24 23:05 | 保存食 | Trackback | Comments(8)

夏の思い出

猛暑と大雨に翻弄された今年の夏。
あちこちで大雨や土砂災害が多く発生し、辛いニュースがたくさん聞かれました。
災害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。

日照り続きの前半、我が家の畑ではトマトがいつになく豊作でした。
トマトソースやケチャップをたくさん作りました。

f0012059_20222155.jpg
また、この時赤ちゃんの実をつけていたブルーベリーが色づいて少しずつ収穫するのが毎朝の楽しみになりました。
多いときは両掌にいっぱい。


f0012059_20263296.jpg
お盆を境にだんだん減って片手にこれぐらい。
f0012059_2029854.jpg
コツコツと冷凍庫に貯めました。
ブルーベリー貯金がジップロックにいっぱいになった所でジャムに。

f0012059_2131085.jpgいつも通りベリーさんのレシピで。ミントを忘れずに入れて・・・
爽やかなミントがブルーベリーをぐんと引き立ててくれるので この時のために庭のミントを大事にしています。。


f0012059_20321971.jpg
毎年ブルーベリー園に摘みに行っていましたが、今年は材料も100%自家製のジャム。
初めて完成です。にっこり。

来年もたくさん実をつけてくれますように。

鉢植えで育てている若い苗木たちも秋になったら地植えにしようと思っています。


********************************
先週末、いつもの仲良しグループで高山に旅行へ行ってきました。
↑のブルーベリージャムをお土産に持っていきました。

エステや温泉でのんびりまったり。
美味しいものもたくさん戴きました。

f0012059_20444698.jpg

「つづみそば」の高山ラーメン。


f0012059_20463913.jpg

茶房 布久庵(さぼう ふきゅうあん)のきなこパフェ。



お土産を買いに入った酒屋さんの冷やし甘酒、美味しくてキュンとなりました。




年に一度か二度しか会えないけれど 会えば喋って笑い転げて、
話せば何でも温かに受け止めてくれる。
そんな友達と旅が出来ることの幸せを、改めて感じた夏の終わりでした。
[PR]
# by ira1027 | 2014-09-01 21:01 | ジャム | Trackback | Comments(8)

台風の週末

「三重県に大雨特別警報」
土曜日の夕方に発令され 今日の夕方にやっと解除されました。
「経験したことのないような」「五十年に一度の」「命を守る行動を」繰り返される情報に胸がドキドキして不安になりました。
大型でゆっくりしか進まない台風。今日は熊さんが出勤しないといけなくなり、強い雨と風の時間がよけい長く感じられました。
実家の両親や長男夫婦は大丈夫かしら、と心配に。でも、案じる以外何もできることはなく、ただ通り過ぎるのを待つのみでした。

おかげさまでこちらは大きな被害などなく、無事に過ごしております。
みなさまの所は大丈夫だったでしょうか。
f0012059_2325592.jpg

福島ひまわり里親プロジェクトに参加して育てたひまわり。
7月末に見事に咲き揃いました。
福島から送って貰ったひまわりの種を蒔いて咲かせ、種が出来たらそれを福島に送るプロジェクトです。

でも、夕方、畑を見に行ったら、台風でひまわりたちは、かわいそうなことになっていました(涙
ちゃんと種が取れるかな。
頑張って復活してくれることを祈ります(-人-)
[PR]
# by ira1027 | 2014-08-10 23:43 | 出来事 | Trackback | Comments(10)

暑中お見舞い申し上げます

f0012059_832254.jpg去年 近所の方に株を分けて貰ったパイナップルリリーが大きく育ち、綺麗な花を咲かせました。
切り花にしてもとっても水持ちがよく、この暑い時期でも一週間ぐらい楽しめます。
夏の暑い一日が終わり、帰宅すると玄関の可愛らしいお茶目なパイナップルリリーに心なごみます。
f0012059_8313713.jpg今年はトマトが大豊作!
畑で十分赤くなってから収穫したトマトの味は最高・・・
そのトマトたちで、何年振りかな、トマトケチャップを作りました。
トマト1キロ半でできたケチャップは瓶2個分。
歩留まりは悪いし手間はかかるけど、それでも一度作ったら虜になります。
自家製ケチャップがあれば、いつもの炒り卵が大ごちそうに変身。
f0012059_831487.jpg
今日のお弁当
 ・オクラ入り炒り卵自家製ケチャップ添え
 ・竹輪マヨネーズ焼き
 ・南瓜煮物
 ・きゅうりのキューちゃん

これは、熊さんの・・・じゃなく、私のお弁当です。
実は 7月1日からまた仕事を始めました。
ハローワークの紹介で面接を受け、二連敗(+_+)の後、三度目の正直で拾ってもらった職場です。
家から車で15分、月に18日のお気楽勤務ですが、うちでのんびりマイペースに慣れきった身にとっては、決まった時間に家を出るのがなかなか大変。帰ってからも家事に追われてバタンキュー・・・なかなかネットを覗く余裕もありませんでした。

というわけで ご無沙汰して申し訳ありません。
今まで以上にマイペース更新になるかもしれませんが、気長にお付き合い下さると嬉しいです。
[PR]
# by ira1027 | 2014-07-24 20:52 | お弁当 | Trackback | Comments(9)