<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

両親と東京へ

f0012059_192953.jpg
連休に一泊で両親と東京へ行ってきました。
両親の念願だった、叔父のお墓とお仏壇にお参りすることが目的の旅。
二日間ともお天気に恵まれ、ありがたかったです。

父は現在81歳になりますが、父の弟にあたる「東京のおじさん」は12年前、66歳で病気で亡くなりました。

おじさんは赤ちゃんの時に子供のない親戚に養子に貰われた、ということは知っていましたが、今回の旅にあたって、両親に初めて聞いた話がたくさん・・・

おじさんが4歳の頃にお養父さんが病気で亡くなり、お義母さん一人となってしまった。経済的な困窮(今のように年金や保障もない時代ですから)、それから戦争で空襲の心配もあり、いったん三重に戻り・・その後もいろいろな事情で東京と三重を行き来し、結局東京で就職したのだそうです。
東京で結婚。3人の子供に恵まれ、土地から買って自分の家を持ちました。お義母さんの最後も自分のおうちで看取りました。

明るくて面白くて、眩しいような都会の人と結婚して、帰省にはいつも素敵なお土産を携えて。
戴いたお人形を大事そうに抱っこしている姉と私の写真があります。
「東京のおじさん」に、私たち姉妹は小さいころから随分と可愛がってもらいました。

大好きだったおじさんがそんな苦労をしていたとは・・
でもあの明るさと優しさは、苦労を乗り越えてこそだったのかも、と思います。

最寄りの福生駅まで、叔母さんと、従兄弟(なんと三十数年ぶり!)が車で迎えに来てくれ、青梅市の霊園へ。紅葉の木々に囲まれた美しい自然の中におじさんのお墓はありました。
苦労をかけた、そして、先に逝ってしまった、という思いでずっと気にかけていた父は、「来られてよかった」と何度も言っていました。

時代とともに弔いやお墓に対する考え方も様々になり、お墓の存在意義すら否定する人も・・・
でも、今回お参りして、叔父の事はもちろん、実家や両親の事、そして、自分のこともいろいろ考えられてよかったです。うまく言えませんが、、、
f0012059_20214228.jpg
嫁いでから 両親と三人で旅したのは初めてでした。
元気な両親ですが、やはり高齢ですので駅の乗り降りなどは同じようには行かず・・
途中で「あれ?どこ行ったんやろ?」と慌てたり、十分な時間の余裕があってちょうどよいくらいでした。

f0012059_20342558.jpg二日目に行った東京国立科学博物館にて。

ホントは東京国立博物館に行こうとしたのですけど、上野駅を降りたら、すごい数の人がみんなそちら方面を目指していて、近づいていくうちに信じられない長蛇の列・・・
「国宝展」が開催されており、何もそんなこと知らず呑気に行った私たちは腰を抜かして即、ギブアップ。
とーーっても空いていた科学博物館を見学したのでした。
(恐竜の化石や日本の自然などとっても盛沢山で楽しかったです)
その後、次男と待ち合わせて一緒にお昼ご飯を食べることもできました。
両親も喜んでくれて何よりでした。
[PR]
by ira1027 | 2014-11-26 20:00 | お出かけ | Trackback | Comments(6)

さて、問題です

f0012059_083451.jpg
先日、あるもので初めてジャムを作りました。

赤くて 甘酸っぱくて 

一体 何のジャムでしょう。

答えは後半に・・・

*********************************f0012059_010228.jpg
最近 お弁当にスープジャーを愛用しています。
去年、友達にプレゼントしたら「すごくええよ~。最近レシピ本もいっぱいあって、保温調理試すのも楽しいよ」と喜んでくれたので、そんなにいいのかー、と自分にも買いました。
朝、容器をお湯で温めておいてから、アツアツを入れていくと、お昼食べる頃になってもかなりホカホカで嬉しいです。朝のお味噌汁の残りに生卵をポンっと割入れておくとちょうど温泉卵みたいな感じに。

この日のお昼ご飯は
パン二個、みかん・・・

f0012059_02218100.jpg
おでん。

これまで お味噌汁、トマトスープ、肉じゃが、など持っていきましたが、
今の所 おでんが断トツ一位(*^^*)


*********************************

さて、冒頭のジャムの材料ですがf0012059_0261870.jpg
これ。
ローゼル、というアオイ科の植物。
ハイビスカスティーの原料にもなるそう。
オクラのような芙蓉のような花を咲かせた後にプックリとしたこんな実ができます。
切り花用におばあちゃんが栽培してくれていて、ジャムになるということを最近知りました。
f0012059_0355055.jpg
このプックリとした実の赤いがくを手で剥きます。(簡単に剥けます)
赤いがくの部分だけ使って、水でしばらく煮て柔らかくしてからグラニュー糖、レモン汁(好みで)を加えしばらく煮たら出来上がり。私が参考にさせて貰ったのは★こちら★
キュンと甘酸っぱく 色鮮やかで目にも嬉しい
ヨーグルトの新しいお伴です。
[PR]
by ira1027 | 2014-11-07 00:51 | ジャム | Trackback | Comments(16)