<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

甘酒作り&ジップロックでお漬け物♪

朝 目が覚めたとき もしかして この静けさは・・・と思ったら


f0012059_1343621.jpg今年初めての雪が積もっていました。
これまで暖かかったので 不覚にもまだスタッドレスタイヤに替えてませんでした。(・・;)
あまりの寒さにもう一度入ったお布団の中で、「車で行けないようだったら、会社まで歩いていこう・・」なんて考えていました。

でも、朝ごはんの前に熊さんがチャチャッとタイヤ交換してくれました。よかった・・・
出勤する時間になっても まだまだ ずんずん降って積もって・・・車を運転しながら これは歩いてきていたら 雪だるま状態になってたな~と思いました。熊さんに感謝♪


f0012059_1256563.jpg先日 買ったヨーグルトメーカー ヨーグルティア。
麹のレシピのおの みさ さん  と おソロということを発見。ヽ(^o^)丿 ひとりテンション上がっています。
おのさんは「保温くん」と名付けて 甘酒と納豆ばかり作ってヨーグルトは一度も作らず・・・と日記に書いてみえたけど、今でもそうなのかな~。
最近 私も甘酒作りにハマっています。
甘酒は 以前 炊飯器の保温機能を使って作ったことがあるのですが、温度が上がりすぎないように気を付けないといけなくてちょっと面倒でした。
でも、ヨーグルティアを使うと お粥状に炊いたご飯を60度まで冷まして 麹と合わせ、あとは「60度 10時間」でぽちっとセットするだけ。すごく楽チンです。
 

f0012059_12564258.jpg
寒い夜には 麹で作った甘酒の素と酒粕をお湯で伸ばして生姜を入れたスペシャル甘酒がめっちゃ美味しくて温まります。

料理にも使えます。
これは 甘酒の素を使ったべったら漬け。
林 弘子さんの「和・発酵食作り」を参考にしました。
4つ割にして皮を剥いた大根を二三日干し 4%ぐらいの塩で下漬けします。
ジップロックに大根と甘酒の素と昆布、鷹の爪・柚子の皮少々を入れて空気を抜いて漬けこみます。 

f0012059_12565712.jpg
1週間ぐらい経った頃から食べられます。
簡単に べったら漬けが出来て嬉しい。
お砂糖とは違う 甘酒の自然な甘みが優しいです。 

f0012059_12562511.jpg
ネジでくるくるする漬けもの容器も使うのですが
ジップロックはちょこっとお漬物を作りたいとき 便利ですね。
これはひの菜のさくら漬け。
楽子さん に教えて貰って以来 我が家の定番になりましたが、ほっこりさんも作って下さって ずいぶんと ひの菜もメジャーになってきた感じで嬉しいです ^^

f0012059_2228676.jpg椎茸栽培キット なるものを会社で貰ってきました。
12月20日(貰ってきて3日目ぐらい)
ぶなしめじみたい。
f0012059_22282765.jpg12月23日。
毎朝 覗くのが楽しみでワクワク。

f0012059_12571636.jpg
そして、今朝。
1週間でこんなにモコモコ生えてきて面白いです~(*^_^*) 
[PR]
by ira1027 | 2011-12-26 13:07 | 保存食 | Trackback | Comments(14)

大ポカの日の柚子ジャム・・・

f0012059_0193820.jpg今日から三連休です。
上の子供が帰ってきたので 今夜は義妹一家も一緒にお寿司と茶碗蒸しでクリスマスパーティー(?)をしました。

休み前は仕事でバタバタでした。
原因は 久々の大ポカをやらかしてしまったんです(-公-)
会社で使っているソフトのフォーマットを私があれこれいじっているうちに
フォームが壊れて
「ええええ~~~~~~\(◎o◎)/!」
サーバーのフォーム自体がおかしくなって
請求書も納品書も全く出なくなってしまいました。
うちの会社は20日締めで、やらかした日付は まさに20日。
みんなが請求書をじゃんじゃん出す日やのに、とむちゃくちゃ焦りました。
申し訳ありません、と本社に電話したら
「大丈夫やに~」と同僚の言葉がありがたく優しく・・・
でも、外部サポートに電話するも 壊れたフォーマットを圧縮して送って下さい、お時間戴きます、との返事で、もうダメだ~と絶望的な気持ちに。もう置き手紙して帰ろうか、なんて思ったり(爆
しばらくして 先程の本社の同僚から電話がかかり
「ここがこうなってダメだったから こうしてああしたら直ったよ~」
と言われた時は信じられない気持でした。
感謝、感謝、・・・
電話口の向こうの同僚に後光が差してみえました。

f0012059_0201410.jpgおかげで事なきを得たのですが グッタリ疲れて帰宅すると、お隣からどさっと柚子が届いていました。
頑張って 皮を剥いて刻んで 茹でこぼして・・・
いろんなこと考えながらジャムを煮ました。
このまま働いていていいのかな、とか。
なんだかホントに頭が陥没してるんじゃないか、と感じるぐらい凹んでいたのが、柚子ジャム効果でしょうか、出来上がるころにはだいぶ回復したような気がしました。



f0012059_025095.jpgお隣には 柚子ジャムと 柚子ケーキを小さく焼いたのをお礼にしました。
[PR]
by ira1027 | 2011-12-24 00:23 | ジャム | Trackback | Comments(12)

干して乾して♪冬晴れの週末

f0012059_2325495.jpg
二日間とも冬晴れの週末でした。

年末に子供たちが帰省してくるので 冬布団を出して干して
お勝手のガラス窓を磨いて
あれも、これも、と思うけれど 
師走の百姓仕事に絶好の日和です。
かねてより懸案事項だった秋ジャガの収穫、終了しました。
デジマとニシユタカ。
備中鍬にジャガイモが刺さってアチャ~となること数回。
まだまだ修行が足りません。


f0012059_2334380.jpg
大豆と黒豆(収穫した新豆) 椎茸(これは買ったもの) など・・・
おばあちゃんと 庭じゅうに いろんなものを干しまくりました。

f0012059_2332472.jpg
切干大根は要らなくなった網戸に干すのが一番早く乾きます。
(おばあちゃん談)
網戸は綺麗に洗ってから干してます。

f0012059_2321394.jpg
本漬け用の大根も洗ってワラでくくって干します。
60本あまりありました。
ランが何か手伝いましょうか、的な目線を送っていますが・・・
このあと ワラの上に座ってくつろいで注意されてました。

f0012059_2353338.jpg 
今週の花
・姫南天
・水仙
・ソネットカーネーション
・山帰来(サンキライ)
・著莪(しゃが)

お花を生けていると ひととき 慌ただしさを忘れてのんびりします。
ちょっと お正月花の練習のような雰囲気もある花材でした。
[PR]
by ira1027 | 2011-12-12 23:51 | Trackback | Comments(10)

柚子マーマレードとナイショの話

ホームセンターの果樹コーナーに行くと 柚子の苗木に心惹かれるのは毎年のことです。
でも、実家に、お隣に、そしてあの人のおうちにもこの人のおうちにも柚子の木があるので きっと貰えるから買わなくてもまあいいか、というところに落ち着くのも毎度のこと(爆

f0012059_12544599.jpgそして、日曜日、「柚子 欲しかったら取りにおいで~」というお言葉に甘えてお邪魔したお宅は そんなに大きくない木に柚子の実が鈴なり!
エコバッグいっぱいちぎった後 木を眺めても 「減ってないよねえ」・・ちぎったのがわからないぐらいでした。
「またおいで~」「ありがとう~」

帰ってから とりあえず 2キロ量って柚子マーマレードに。まだまだたくさんありますが 一度に作るのは2キロが限度・・・
いつもお世話になっているベリーさんの この本のレシピで。
f0012059_12545352.jpgこの時期の柚子だからか 出来上がったマーマレードの味 いつもより みずみずしく感じました。
キュンと酸っぱいこのジャムのファンは 多いのです。
出来上がったマーマレードは 木の持ち主さんをはじめ いろんなところへお嫁に行きました。

お昼休みに柚子茶にして飲んだよ~美味しかった~と先ほどメールが来ました。

ナイショの話・・・
[PR]
by ira1027 | 2011-12-05 12:55 | ジャム | Trackback | Comments(12)

作ってみました 鍋帽子♪

ご存じですか?鍋帽子®  ※鍋帽子®は全国友の会振興財団の登録商標登録です

具材を入れて煮たてた鍋に 帽子のようにすっぽりかぶせて 保温調理するための綿入れ布団みたいなものです。

きっかけは・・ダダ漏れの家計をなんとかするべく ステキな家計簿 ないかしら、と
婦人之友社のHPとかウロウロ検索するうちに 発見。
すっかり魅せられてしまいました。家計簿探しは置いといて(爆)早速作ることに・・・
参考にさせて貰ったのはこちらや こちらです。
表布、裏布を4枚はぎで帽子のように縫い合わせ、間に綿を挟んで縫い綴じます。底に敷くお座布団も綿を入れて作ります。
f0012059_13163714.jpg「新しいものを買わずにできるだけ身の回りにあるものを利用しましょう」とあります。エコグッズですしね。
なので 押入れに眠っていた端切れ、子供の着なくなったTシャツを使いました。
中に詰める綿はさすがにないかなあ、と思いましたが ありました、納屋に!昔 座布団とか作るように買ったものでたぶん昭和のです・・・@@  
持ち手を縫い込むのを忘れたので あり合わせの毛糸で編んだひもをあとから付けて出来上がり。
・・・地味です。下手くそ(笑 
センスのある人はあり合わせの布でももっと素敵なのができると思います。
まあ、目的は果たせるから いいでしょう。(*^^)v

f0012059_13173230.jpg
最初に鍋帽子を使って炊いたのは黒豆。
ご存知のように 豆は長いこと 最低でも4.5時間は煮ないとふっくら柔らかく煮えません。
初めてで塩梅がわからなかったので まず、夜 煮汁に豆を入れて 煮たてて一晩鍋帽子・・・
翌朝 ドキドキしながら開けてみると なんとまだ鍋が温かい~~~。ブラボー 鍋帽子。
で、朝煮たてて 鍋帽子かぶせて またその晩煮たててかぶせて。次の日の朝 柔らかく煮えた黒豆が出来上がってました。沸騰時間は 3回の合計で 半時間足らずという快挙。ガス代、少しは減るかな?

f0012059_13175587.jpg大根や里芋のお味噌汁なら だしと野菜を入れて煮上がったら 帽子をかぶせて1時間も経つと煮えています。
イカと里芋の煮物も 5分煮立てて帽子かぶせてほったらかし。
翌朝には 出来上がり。保温調理なので煮崩れず 味がよく浸みます。
いっとき ストウブのお鍋が欲しかったんですが・・・ 愛用してるジオの鍋+鍋帽子で 今はいいか~、と思っています。
綿入れみたいにフワフワで、余熱でホコホコ。形も可愛らしいし 見て触って使って 癒されます。

f0012059_13181081.jpg上で書いた黒豆は 親戚の伯母さんが収穫したもので、平成21年度産。伯母さんは ずっと畑を耕作していたのですが 体調を崩して もう 煮炊きもしないし食べられないだろうから、と戴きました。(糖尿病で食事制限もあるのです。)
新豆もちょくちょく見かける時期に 一昨年の豆、上手に煮えるか案じましたが ちゃんと出来ました。
他の豆もあるので 伯母さんに感謝しつつ また炊こうと思っています。

今日のお弁当
・イカと里芋の煮物
・黒豆
・おから
・茹でブロッコリー
・玄米ご飯 日の菜さくら漬け

f0012059_13182681.jpg
熊さんと二人 せっせとヨーグルトを食べていたら ジャム貯金が乏しくなってきたので
キウイジャムと ラ・フランスのジャム を作りました。
キウイは先日実家に行った時 貰ってきました。ラフランスは1個100円♥お安かったのを3個使って。
ミセスベリーさんの ジャム・ノート のレシピです。
キウイもラ・フランスもジャムにしたのは初めてでしたが
酸味と種のプチプチが美味しくて楽しいキウイ
上品な香りと優しい甘さのラ・フランス
それぞれに美味しいジャムが出来ました ヽ(^o^)丿
[PR]
by ira1027 | 2011-12-01 13:20 | 針仕事 | Trackback(1) | Comments(10)