<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

発酵生活のお友達♪ タニカ ヨーグルティア 

宅配で取っている瓶の牛乳が冷蔵庫に貯まりがちです。寒くなると 特に。
子供も家に居ないので 私しか飲まない・・気が付くと 冷蔵庫のドアポケット全部、ズラーッと瓶牛乳とか。

で、こんなものを買いました。
じゃ~~~ん

f0012059_041512.jpg
タニカ ヨーグルティア スタートセット

前から欲しかったヨーグルトメーカー。
いろんな会社からいろんな機種が出てるんですが、あーでもない、こーでもないと 比較検討した結果 これが一番スグレモノである!という結論に達しました。

どこが優れているかというと・・・

温度設定が25度から65度まで5度刻みで自由に設定できる!
タイマーも1~48時間まで1時間刻みで設定できる!
そして 送料込みで六千円足らずという値段の安さも魅力でした♪

私が買ったのはコチラ。欲しかった白色が安かったので。 


作り方は
 「容器を電子レンジで1分30秒加熱消毒
  種菌と牛乳を入れて混ぜ、本体にセットすると
  6~7時間で出来上がり」 

早速 使ってみました。

明治ブルガリアヨーグルト50cc+牛乳500cc
夜  40℃ 5時間にセットして寝ました。


f0012059_063595.jpg
翌朝・・・
おお~~ 固まっとるやん~~ヽ(^o^)丿
食べてみるとまさしくブルガリアの味~。
あっけないくらい簡単に 美味しいヨーグルトが出来ました。

手作りヨーグルトは今までにも カスピ海ヨーグルトを何度か育てたんですが 種継ぎ、種継ぎしてると飽きてきて 違うヨーグルトが食べたくなったり。
これを使えば 市販のビヒダスとかLG21とかナチュレとか・・・ 入ってる菌も 味も さまざまの いろんなおうちヨーグルトが作れて嬉しい♪
豆乳ヨーグルトなんてのもできるそうです。
f0012059_074719.jpg温度と時間の設定が細かく幅広くできるのでいろんな発酵モノがこれ1台で。

30℃でホシノの種おこし

 


f0012059_082451.jpg
パンの中だね作りにも。
25度で8時間。
寒くなるとすごく時間がかかるホシノの種おこしや 中種作りが、ウソみたいに楽チンでした。
その中種を使ったプチパン。黒豆と胡桃入りです。

この子のおかげで ドアポケットの牛乳が消費され 熊さんと二人 「ウマ~」と言いながら せっせとヨーグルトを食べています。
(牛乳はぜ~んぜん飲まないけど ヨーグルトは食べる熊さんなのでした)

他にも
45度で納豆
55~60度で甘酒

中には 65度で温泉卵を作ったという人もいて (ホントかな~~)
なんだかワクワクして とても楽しい家電なのです。

今度は甘酒に挑戦して 出来た甘酒を料理に使ってみたりしたいな~なんて思っています(*^_^*)
[PR]
by ira1027 | 2011-11-25 00:00 | 買ったもの | Trackback | Comments(12)

ひの菜のさくら漬け♪

f0012059_12165828.jpg今日のお弁当
・ミートソース入り 炒り卵
・里芋 蒟蒻 椎茸 人参の煮物
・ブロッコリー
・日の菜のさくら漬け
・玄米ご飯 しそわかめ

月日のたつのは本当に早いもので こちらでブログを始めてから もうすぐ6年が経とうとしています。
三日坊主の私が まがりなりにも続けられたのは お話しして下さる皆さんのおかげです。ありがとうございます。

ここで教えて貰って我が家の定番となった料理もいくつかあって 今日のお弁当に入れたひの菜のさくら漬けもそのひとつです。
それまで漬け物はおばあちゃん任せだったのが、 一昨年 楽子さんところで教えて貰ってから 畑でひの菜を収穫するのを待ちかねて作るようになりました。


f0012059_0114933.jpg作り方をおさらいすると

①ひの菜を綺麗に洗って 水気を切って重さを量り その5パーセントの塩で下漬けします。

今回は800㌘ぐらいありました。
ネジでくるくるやる漬け物容器があれば それを使って下さいませ。
このときは 他の漬け物に使われていたので 私は漬け物桶+重石でやってます。
f0012059_232604.jpg
②一晩おいて 水が上がったら 本漬けをします。

漬け液の基本は 米酢・酒・砂糖を同量。
カップ1/4ぐらいずつを目安にして 酢を多め、砂糖は少な目に作っています。旨みに昆布茶少し・・(うちは買い置きがないので いつも小さいだし昆布で)
今 楽子さんの元レシピを見たら 一煮立ちさせて冷ます、とあるのに気づきました。私は煮立てたことなく いつも混ぜるだけ・・それでも 漬かります・・(爆
③ジップロックの袋で空気を抜いて冷蔵庫へ。
f0012059_2328467.jpg
二三日で 綺麗なピンク色になって出来上がりです。

ひの菜は葉っぱも下の大根部分も噛むとほろ苦く 独特の香りと風味があって  私にとっては お漬け物の中でナンバーワンかも。
小蕪や大根とはまた違う美味しさなんです。
そして、糠漬けや塩漬けでも美味しいのですが 熊さんも私も このさくら漬けがいっとう好きです。千枚漬けもそうですが 蕪って酢ととっても相性がいいと思うので。
ごはんにこれを載っけて 胡麻をキリキリと摺って噛みしめるといくらでも食べられてしまいます・・・

子どもの頃からずっと 実家でひの菜のお漬け物を食べ 嫁いできたこの家でも当たり前のように食卓にあったひの菜漬けですが、京都・滋賀・三重ぐらいの地域限定らしいです。
今はもう少し普及したかな?
以前 日記に載せたときに「小さい大根ですか?」と聞かれたり 愛知在住の方にも「見かけないわ~」と言われて へ~、そうなんだ、と意外だったり。
それから 関西のローカルTVでは「ひの菜がお嫁に行く時は~♪ほんのり桜色にお化粧して~・・♪」なんていうCMがあった と教えて下さった方もみえたりして(私は見たことないのですが ) ひの菜で広がるお話の輪がとても楽しかったのを思い出しました (*^_^*)
[PR]
by ira1027 | 2011-11-10 00:11 | 保存食 | Trackback(1) | Comments(18)

今年も麹でいろいろ♪

秋の日は釣瓶落とし。
山の日暮れはよけいに早くて 急かされているようなこの頃です。
仕事が終わる5時にはどんどん夕闇が深くなって 帰る頃にはもう真っ暗。
時計を見ると5時半とか「な~んだ」と思うような時間なのですけど。
仕事もパートにして貰ってから 余裕・・・と言いたいところですが 朝も夕方も時間の使い方が下手なのは相変わらずです(汗
f0012059_1331690.jpg
今夜は鍋にしよう、なんて思っても 帰ってからだと暗くて 畑の野菜ものも 懐中電灯片手に取りに行かねばなりません。
朝取っておくと気分がゆっくりするし 取れたもので献立を考えられます。
今朝の収穫は ブロッコリー サラダ用水菜 サニーレタス。
畑は着実に冬に向かって進行中です。


f0012059_1381054.jpg毎年 この時期になると作る我が家の常備菜 麹漬。
おばあちゃんの専売特許でしたが 熊さんや私の友達にもファンが増え 私も作るようになりました。


作り方は

醤油とみりんを煮たてた中に 麹を入れて混ぜます。
<分量のめやす>
 麹 1升(750g) 醤油  1カップ強  みりん 1/2カップ
電気炊飯器で3時間ぐらい保温してからタッパーに取り出しておきます。

f0012059_1382269.jpg野菜は細かく切って
塩漬けは水で塩抜きし 生の野菜は10分ぐらい蒸してから 冷まします。
今回は塩漬けの茄子 牛蒡 人参 蓮根 生姜

今朝は洗濯を干しながら蒸してたら 鍋を焦がしました(涙 
f0012059_1383654.jpg麹がなれたところへ 下ごしらえした野菜を混ぜて出来上がり。翌日ぐらいから食べられます。
日にちをおいたほうが味が馴染んで美味しいです。

麹ブームのおかげで知った塩麹もとても便利で 
なくなりかけたら仕込んでいます。
イカの塩辛は塩麹で作ると格別です。
豚肩ロースを塩麹に漬けておいて フライパンでこんがり焼いた美味しさは ステーキを越えると思います(^o^)

世間では麹がにわかに脚光を浴びていっとき売り切れるぐらい 人気者になりましたが 我が家では以前から 必須の食材。
麹ブームは幼馴染がTVに出て有名になったような、誇らしいような気持ちです(笑
[PR]
by ira1027 | 2011-11-05 13:12 | 保存食 | Trackback | Comments(8)