<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

そこに栗があるからだ

f0012059_2325693.jpg
風が吹いた翌日は 栗の実を拾いに行き 冷蔵庫に入れ 貯まったら渋皮煮、のくりかえし。
毎年の恒例行事になりました。
今年はわりと豊作で 何回かに分けて 栗2~3キロ分は作ったと思います。 
消費したグラニュー糖の量がオソロシイ(汗

毎年のことですが 年一回なのでなかなか要領を思い出せません。
やってるうちに「ああ、そう そう」と慣れてきて
慣れた頃に終わります^^;

来年のために 
自分なりの覚書
これを書いたこともおぼえているかどうか怪しいものですが
★作ろうと思った日は帰宅したら お湯を沸かして栗を浸けておくこと
   すぐ忘れて 作業の始まりが遅くなり 出来上がりが深夜になってしまうので
★指の爪をあまり短くしないこと
    剥きにくい個所はどうしても手を使うので 短いと深爪になって痛い
★茹でた栗を流しで綺麗にするときは 洗い桶やシンクマットは片づけておく
    でないと アクで色が付いて後がたいへん

お客さんのお茶請けに、秋の夜長のおやつに、と 手間の割にあっという間に消費されていくので 瓶を脱気する意味はあるんだろうか、なんて思ったりも毎年のこと(爆

でも、夜更けに 今 おんなじことやってる人が日本中で何人いるのかな なんて思いながら 栗を剥いたり炊いたりするのが 結構楽しいのです。

f0012059_23252456.jpg
我が家は まだ去年のお米がたくさん残っていて、年末ぐらいまでありそう。
毎日お弁当も持って行ってた長男が4月から県外へ出たのも米が減らない原因だと思うのですが。一日3合食べるのがやっと。
そんなわけで「コメ消費令」発令中、めったにパンを焼いてません。

どうしても食べたくて作った
渋皮煮入りのパン。
胡桃やドライフィグ、レーズンも入ってます。
 
f0012059_23231625.jpg今日のお弁当

・青梗菜と豚肉のチリソース炒め
・塩鮭
・柴漬け、ゴーヤ佃煮
・黒豆・栗入り玄米ご飯
f0012059_23222171.jpg毎年結構な量取れる茗荷。
今年は胡瓜や茄子、生姜とあわせて柴漬けを作ることを覚えて重宝でした。
レシピは
男の趣肴HPさんのを参考に。

3%の塩で下漬けして


ぎゅっと絞って



醤油 みりん、酢 梅酢 を加えて



重石をしておくと


次の日には出来上がり

私は梅酢と一緒に 梅干を付けた時の赤紫蘇も刻んで入れています
どんどん赤紫色に染まって柴漬けらしくなるのが面白いのです。
[PR]
by ira1027 | 2011-10-18 23:52 | 保存食 | Trackback | Comments(14)

我が家は今が旬です♪ 新生姜&栗

f0012059_1313222.jpg
スーパーでは6月くらいから見かける新生姜ですが
我が家の旬は9月になってから 
「早いけどいっぺん掘ってみよか」となります。
このタイムラグはなんなんだろう、と毎度 不思議なのですが。
以前は野菜売場で見かけると我慢できずに買ったりしましたが、今年は穫れるまでガマン。

やっと我が家の生姜が登場しました。

おばあちゃんは梅酢で紅生姜を漬けてくれます。
「運動会に持っていくのに 初めて生姜掘って 漬けたもんや。
昔は10月10日が運動会って決まっとった・・・」
毎年恒例の おばあちゃんによる 生姜&運動会ストーリーを聞くことになります。



毎年甘酢漬けを作ります。
熊さんの大好物なので。





それから 
新生姜のジャムを忘れず作ります。
ベリーさんのこの本のレシピで。
ヨーグルトや紅茶のおともにはもちろん、
料理の味付けにすごく重宝します。
にんにく醤油+生姜ジャム は最強の調味料。
豚の生姜焼きや野菜炒めに大活躍です。 


f0012059_13151267.jpg
台風でずいぶん早くから栗のイガが落ち始めたので
今年は収穫できる栗は少ないかも、と思ってましたが



意外にたくさんあって にっこり。





年に一度の 栗くり坊主 活躍の時がやってきました!

久しぶり過ぎて使い方忘れてて 最初は時間がかかりました(汗

頑張って剥いて剥いて・・・
渋皮煮に。


完成するとやった~~、と達成感でいっぱいになるけど
食べるタイミングが いまいち掴めない渋皮煮。
つまみ食いする熊さんに「メッ!皮が破けとるやつから食べて」と怒ったら「どうして ええやつから食べたらあかんのや」と言われて それもそうか、と納得したりして。。。
そういえば 冷蔵庫の野菜室には去年のが一瓶ひっそりあったりするのでした(汗








***調子悪くなる前に 書いた記事でした。***
[PR]
by ira1027 | 2011-10-05 12:43 | 保存食 | Trackback | Comments(12)

ご無沙汰しました

f0012059_1228186.jpg

9月の通院日に、「ずっと調子がいいようなのでお薬を減らしましょう、今度は3ヶ月先の受診でいいですよ」
と先生がおっしゃって、テトラミドとパキシルを夜寝る前にのんでいたのが パキシルだけでよくなりました。
「でも、また調子悪いようだったら また両方のんで下さいね」と。

去年の春に うつを再発して 3ヶ月仕事を休み 復帰して1年余り。

仕事もうちのことも ずいぶん楽チンで 調子悪くなんかなるわけないじゃん、と思っていた私ですが、
・・甘かったです。

季節の変わり目に弱いのは前からそうでした。
あれ?ちょっと変かも・・風邪かな?微熱があり、気分が塞いで・・
ああ・・・この感じ、また うつ ぶり返したかも。
今度こそ もう仕事はダメだな とも思いました。
縋るような気持ちで バイバイしたばかりの薬をのんで 数日ひたすら寝て・・・
おそるおそる目を開けた週明け、胸のモヤモヤが消え「今日は仕事に行けそう」・・起きあがれました。

今回は再々発、じゃなく、体調の揺れ、で済みそうかな?
でも しばらくは気を付けて そろそろ すり足で進んでいこうと思います。


f0012059_13141512.jpg
もう 栗の季節です。
今朝もランと散歩に行って拾ってきました。
[PR]
by ira1027 | 2011-10-04 13:22 | 心のこと うつのこと | Trackback | Comments(4)