<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

幸せの赤いケチャップ

f0012059_1152276.jpgべっぴんトマト!
大豊作です!


おばあちゃんが、ランの小屋近くの一角をブロックで囲って土を入れて 苗を植えて・・・ 丹精してくれました。
植えてすぐの頃、ふと見るとトマトの根元に侵入したランがチョンと座って、横に折れたトマトの枝が・・・@@
「コラーーー」(冷や汗かきました)
網を張ってガードしてからは、ランも空気を読んだのか イタズラもなくなり、その後はすくすく育ちました。
屋根があって雨が当たらないし、畑から離れているので害虫がつかないのが よかったのかも。

まっ赤に熟れるまで待ってから収穫できるのも、おうちトマトの嬉しいところです。

f0012059_11524370.jpg雨の休日に、初めて作ってみました。
トマトケチャップ。

お味噌もそうですが、とりかかるまではなんだか面倒で 「わざわざ時間かけて作らなくても」なんて思っていましたが、自分が作ってみたら、毎年手作りする方の気持ちがよーくわかりました。
味見した瞬間 「うわーー」と思わず声が。
トマトの旨味 甘味 栄養、・・・とにかくいいもの全部がギュッと凝縮してる感じ。
何せ 2キロのトマトが 瓶二つに詰まってるんですものね。^^

f0012059_1153417.jpg

*昨日のお弁当*(私一人でした。)

・炒り卵 特製ケチャップ載せ
・ササギ豆、牛蒡、シメジの煮物
・オクラ
・梅干し あさりしぐれ

なんでもない炒り卵が このケチャップを載せただけで
おおご馳走に変身するのでした。まんぞく♪
[PR]
by ira1027 | 2009-07-24 11:57 | 保存食 | Trackback | Comments(18)

魚柄仁之助さん

f0012059_12251763.jpg
*今日のお弁当*

・魚の粕漬焼
・豚肉の青紫蘇巻
・南瓜煮物 シシトウの煮物
・オクラ ミニトマト

粕漬けはシイラ・・・です、たぶん(爆
漬けてからだいぶ経って(1ヶ月、もっとかも)
冷蔵庫の中でオブジェ化しつつあったもの。
恐る恐る焼いてみて 大丈夫そうだったので弁当に入れました。
お昼に食べたら「!!・・・ウマー@@」
今日は久しぶりに熊さんもお弁当持ち。
たぶんお気に入りオカズだったと思います ^^



粕漬作ったきっかけは 図書館で借りた
うおつか家の台所実用ノート 眼からウロコ!“ひと月9000円”の快適食生活 (ゴマ文庫)でした。
ひと月9000円と言っても 節約マニュアルとは違い、無駄なく 美味しく 簡単に おうちご飯を作る知恵がいっぱい。
「素材にこだわらず、珍味を取り寄せず、キッチリだしをとって手を抜いて、安上がりでおいしく健康でやせる」 (「うおつか流食生活かくめい」より)
魚柄さんの本にすっかりはまりました。

最近 買ったのは
冷蔵庫で食品を腐らせない日本人

食材は冷蔵庫に入れる前に 漬けたり 干したり 一塩したり。
きちんと「しまつ」することで 長く保存できて 美味しく無駄なくいただける、
「しまつ」の仕方が満載です。
一切れ100円の魚でも 酒粕に漬けとけば 何ヶ月か経っても料亭の味・・・ってホントやった。。。



f0012059_12263093.jpg夜、寝る前にボウルいっぱい水を張り 冷凍庫へ、
朝、氷が出来てます(当たり前)
何の変哲もない氷ですが。
これは、以前紹介したずらり 料理上手の台所 (クウネルの本)に「台所のまめまめ工夫」として載っていて
その時は「フーーン」と思っただけでしたが
暑くなってふと思い出し やってみたら お役立ちなのです。
朝から炊いたアツアツの煮物など、小さめのステンのボウルに入れ、この巨大氷入りの洗い桶に浮かべると一瞬にして冷めて便利!
煮出したお茶もあっという間に冷茶に!
さらに アイスとかいろんな空き容器でも氷を作って
お花を生けた水盤に入れたり。
最後は 熱くなったおでこに当てたり。(な~んて)

氷大作戦が実行できるのも
食材を貯め込まない、という魚柄さんに影響されて
冷蔵室、冷凍庫がだいぶすっきりしたおかげなのでした。ニッコリ。
[PR]
by ira1027 | 2009-07-17 13:13 | | Trackback | Comments(8)

尾鷲市で最高気温が38℃を記録したとか。

そんなニュースを聞くと 余計 体感気温が上がるような ^^;
同じ三重県でも おらが村がチベットなら 
尾鷲市のある紀州地方は いわば上海、、でだいぶ気候も違うのですが、
さすがに今日はこちらも暑かったです。
みなさんの所はいかがでしたか。



f0012059_23583087.jpg下の息子が夏休みで帰省中なので
しばらくご無沙汰だったおやつを時々作っています。
焼きっぱなしのバナナケーキやら チーズケーキなど。

これも 久しぶりの レアチーズケーキ。
ブルーベリーのゼリーと二層にしたかったけど
省略して ジャム載せで。
ベリーさんのレシピは 間違いなく美味しくて
夏の幸せなスイーツです ^^
ご馳走様でした。

f0012059_23595078.jpg上の息子は まだ大学の研究室へ殆ど毎日弁当持ちで通っています。農学専攻なので猛暑の中 大豆を蒔いたりしてるらしいです。
夏のお弁当は 前日からの作り置きができず
何を入れようか 悩むところ。

この日は
 ・牛肉、玉葱、糸蒟蒻の煮物
 ・焼きピーマン
 ・胡瓜のキューちゃん  生姜の甘酢漬け  ミニトマト



朝、牛肉と玉葱の煮物だけ炊いて、グリルでピーマンを焼き、残りは漬物などで埋めた簡単弁当です。
水分補給のため 今夜 大きな水筒を買ってきました。
f0012059_002146.jpg
今週の花

・ナナカマド
・百合
・小向日葵

赤い鶏頭も入っていましたが
四十九日が済むまで 赤い花は立てられないので
鶏頭さんは待機して貰いました。
仏壇やお墓には白い花だけ。
今年は白いダリアやノコギリ草がたくさん咲いてくれて
殆ど 畑の花で 間に合っています。
[PR]
by ira1027 | 2009-07-14 00:58 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(16)

別れ、つどい

あの日の朝 ホシノの生地を捏ねて 
縁側に置いて仕事に出かけました。
野菜室には 夕方特売で買った南高梅。
もうすぐ起こる出来事など知るすべもなく。

f0012059_055933.jpg
思いもよらぬ急なおじいちゃんの最期、
いくつかの別れの儀式を済ませたあと
そう言えば もうダメかな、と思って
冷蔵庫の野菜室を開けてみると
少し痛んでいたものの 
大丈夫そうだったので 作りました。

    *南高梅のジャム*
  いつもお世話になっている
  ベリーさんのレシピです。
    

f0012059_0562087.jpg
パン生地、何日もほおっておいたので
ぱんぱんに膨らんでいたけど 
なんとか大丈夫でした。
ショコラの折り込みにしました。

熊さんの従兄弟が 南高梅のジャムを持ってきたのにはビックリ。
それから そんなこと話したこと なかった叔母さんが
パンにはまっているのを初めて知りました。
粉を25キロずつ買う と聞き またビックリでした。


家族を亡くすのは辛いことですが
近くに居ても 普段はなかなか会えない親戚や知人の人たちが集ってくれて
思い出話やら 近況やら ・・・尽きることがありません。
[PR]
by ira1027 | 2009-07-01 00:59 | ジャム | Trackback | Comments(16)